自家製中華そば としおか ~つけ麺(並)1~

新年1発目のとしおかさん。
土曜の昼食に訪問することが多いこちらのお店だが、今年に入ってから休出が重なったこともあってここまでご無沙汰であった。
今回はその代休を取得し、万難を排して行列の一端となる。

気合を入れて開店1時間前に店に着くと待ちは2人とやや拍子抜け。
その後30分ほど次のお客さんは来ず、開店時も15人に満たない人数であった。
寒さの影響か、それとも平日はこの程度なのかは不明だが、土曜とくらべると空いているのは確かだ。

“自家製中華そば としおか ~つけ麺(並)1~” の続きを読む

ラーメン ゼンゼン(ZENZEN) ~恍惚の汁なし~

大寒を過ぎ、暦の上では春は近い。が、実際の気候は1年で最も寒い季節である1月下旬。
こう寒いと、恋しくなるのは極太麺である。
いつもではないかという突っ込みが聞こえてきそうだが、この日も飽きることなくゼンゼンさんへ。
以前は忌み嫌っていた激混みの南武線も、至福の瞬間が待っていると思えば、難なく耐えられるから不思議だ。

“ラーメン ゼンゼン(ZENZEN) ~恍惚の汁なし~” の続きを読む

蓮爾 登戸店 ~小ラーメン少な目1~

2018年は登戸蓮爾にとって、激動とも言える1年だった。
春先から毎月続いた限定メニューの提供、店長の独立と交代、さらに新店長の退職。
当店には開店以来10年以上通っているがここまで動きの多かった年はなかったと記憶している。

作り手が変われば、多かれ少なかれ味にも変化が出るもの。
前回の態勢変更直後後も若干の変化があったものの、後を継いだ髭氏はすぐさま修正して見せ、以前のものに勝るとも劣らないラーメンを作っていた。
これは氏の経験値に依るところが大きいのは間違いない。

“蓮爾 登戸店 ~小ラーメン少な目1~” の続きを読む

ラーメン二郎 上野毛店 ~小ラーメン豚入り~

非乳化二郎が食べたくなった週末の終業後。
「すわ中山へ!」と普段なら迷うことなく横浜線に乗り込むところであるが、ふと非乳化もう1つの雄である上野毛店にしばらく行ってないことを思い出したため方針転換。
夕方の帰宅ラッシュ真っ只中、尋常ではない混雑っぷりの大井町線に乗り込み、23区西端の二郎を目指す。

“ラーメン二郎 上野毛店 ~小ラーメン豚入り~” の続きを読む

ラーメン ゼンゼン(ZENZEN) ~えびラーメン 少なめ1~

横綱・稀勢の里が引退した日の夜。
圧倒的な実力を誇る某横綱に愚直に立ち向かっていく姿勢、いつもあと少しのところで賜杯を逃す詰めの甘さ。
諦めにも似た感情を抱かせつつ、どこか応援せずにはいられない不思議な魅力。
多くの好角家がそうであるように、小生もまた彼を応援せずにはいられなかった。

そんな贔屓の力士の引退である。
寂しさと同時に、これまでの経緯を思うと虚しさすら感じてしまったのが正直なところである。
言い方は悪いが、弟子に期待などしない。
とにかく、今まで楽しませてくれたことに感謝しかない。

“ラーメン ゼンゼン(ZENZEN) ~えびラーメン 少なめ1~” の続きを読む

ラーメン ゼンゼン(ZENZEN) ~ラーメン 少なめ1~

年明け最初のゼンゼンさん。
年末に極太麺のチャージはしっかり行ったはずなのだが、ものの10日ほどで欲してしまうのだから困ったものである。
それにしてもこちらのお店がオープンして以降、極太麺への禁断症状の間隔が短くなっているのは気のせいではあるまい。
以前は1か月程度は我慢できたのだが・・・少々生活習慣の改善が必要かもしれないw

“ラーメン ゼンゼン(ZENZEN) ~ラーメン 少なめ1~” の続きを読む

ラーメン二郎 中山駅前店 ~小ラーメン半分ネギ~

年始は家族運用優先のためラーメンを食べることは出来ず。
例年だと、家人の休みが先に終了するため1日は麺活初めにあてる時間を取れたのだが、非常に残念なことに今年は休みが一致してしまったため致し方ない。
それにしても、「麺初め」よりも先に仕事初めを迎えるのはブログ開始以降はもちろん、ジロリアンを自覚した十数年来初めてではないだろうか。

年始の進行がようやく落ち着いたのは水曜日。
満を持して向かったのは職場から比較的近い二郎である中山店。
昨年の「麺収め」もそうだったが、やはり記念すべき1杯は大好きなお店で楽しみたいとの思いは強い。
すなわち、年を跨いでの連続訪問である。

“ラーメン二郎 中山駅前店 ~小ラーメン半分ネギ~” の続きを読む

ラーメン二郎 中山駅前店 ~ぎょったまつけ麺5ピザ~

仕事納め当日に急遽有給を取得したため、なし崩し的に年末年始の休暇に突入してしまった小生。
とはいえ、今年はカミさんと休みが丸被りな上に双方の実家に帰省する予定。
つまり、自由時間はほぼないであろうことは容易に想像がつく。

それでも、最後の麺活の外出だけはなんとか許可を得ることができた。
暮れも押し迫った30日、すでに多くのお店は休業に突入しているが、比較的近隣の中山店がまだ営業していたのは幸いであった。
考えてみれば、2018年に最もお世話になった直系二郎である。
麺活動収めにこれほど相応しいお店はあるまい。

“ラーメン二郎 中山駅前店 ~ぎょったまつけ麺5ピザ~” の続きを読む

蓮爾 登戸店 ~THANX~

12月も最終週、どこで麺活収めをしようかと考える時期である。
昨年はこちらのお店でヒゲ助手(当時)考案の限定メニューにその大役を任せたわけだが、今年はまだ決めかねていた。
今年は限定やるのかしら・・・という偵察がてら(ではないがw)店先を覗くと行列はわずかに4人。
まだ夕飯を食べていなかったこともあり、店内に吸い込まれてしまったのは言うまでもない。

“蓮爾 登戸店 ~THANX~” の続きを読む

ラーメン ゼンゼン(ZENZEN) ~ラーメン 少なめ(3)~

個人的に今年もっともホットなニュースと言えばこちらのお店のオープンである。
登戸の蓮爾を屈指の行列店に成長させた店主ゆえラーメンのお味の方は折り紙つきだが、それ以外にも個人的に

 ・住宅街のため行列が控えめ
 ・通勤経路内(定期券内)なので交通費が不要
 ・アルコール提供

と条件が三拍子揃っており、これでローテートするなという方が無理というものである。

というわけで最終営業日前日、クレゲンと感謝の意味を込めて今年最後の訪問に。

“ラーメン ゼンゼン(ZENZEN) ~ラーメン 少なめ(3)~” の続きを読む