たつみ (京都 河原町)

夏季の青春18きっぷが2回分余ってしまったため、有給を取得し京都へ行くことにした。
tv_17090801
まずは早朝の東海道線のグリーン車に乗り込み、ふなぐち菊水で乾杯。
朝5時台だと駅構内のNewDaysも閉まっているため、予め酒肴は購入してから乗車することが肝要である。
ちなみに「誰もそんな時間から飲まんわ!」というツッコミは受け付けられないw
tv_17090802
熱海 -> 静岡 -> 浜松 -> 豊橋と順調に進んでいたのだが、突如愛知県の刈谷駅にて運転を見合わせてしまった。
どうやらこの先の尾張一宮-木曽川間で踏切内に放置された自転車に電車が衝突した模様。
先を急ぐ旅ではないためそのまま乗り続けようと考えていたのだが、復旧の目途が立っておらず、先の区間は各駅に電車が詰まっているとのこと。さらに、幸いなことに18きっぷも振替輸送の対象としてくれるとのことなので、予定を変更して名鉄電車で先へ進むことにした。
tv_17090803
とはいえ、岐阜まで行って東海道線に再度乗り換えたとしてもその先が順調に動いている保証はない。
予定が狂ってしまったついでである。せっかくなので岐阜羽島から新幹線1駅だけワープを敢行。
結果、刈谷から知立 -> 笠松 -> 新羽島/岐阜羽島 -> 米原の乗換が驚くほどスムーズに進んだこともあって、京都に到着したのは予定より30分遅れただけだった。
無事の到着を祝いつつ、自身の危機回避能力を労って早速1杯いただくことにしよう。
tsm17090801
向かった先は河原町の「たつみ」さん。
昼酒スポットの多い京都でも、有数の名酒場である。
暖簾をくぐると、まだ15時前だというのに椅子席は満席。立ち飲みテーブルは余裕があったのでそちらに陣取ることにする。
tsm17090802
まずは赤星で乾杯。
こちらのお店、瓶ビールはアサヒ(スーパードライ)、キリン(ラガー)、サッポロ(赤星)と選ぶことができる。
小生は条件反射的に赤星をオーダーしてしまったが、周囲のお客さんの大半はスーパードライを飲んでいた。
関西ではアサヒが強いという話を耳にしたことがあるが、こうした光景を目の当たりにするとまさに実感できるというものだ。
tsm17090804
「アテ」は厚揚焼きからスタート。
特筆すべき点はない小ぶりなフォルムだが、本場の九条ネギを添えて食べる厚揚げは気分を高揚させるのにはもってこいだ。

短冊状のメニューが所狭しと並ぶ店内はそれを見ているだけで楽しく目移りしてしまう。
あれこれと頼みたいところだが、1人飲みでは多くて3点くらいにしておいた方が良いのは言うまでもない。
(それ以上頼むと、どうしても「長っ尻」となってしまう可能性が大きいのだ。)
tsm17090805
迷っているうちに赤星が空いてしまったので日本酒にスイッチ。
御当地伏見の「黄桜」を燗でいただく。
大衆酒はどこで飲んでも美味しいのが良いところなのだが、こういった場所、雰囲気で飲むとはやはり3割増しくらいで美味しい。
tsm17090807

迷った末に「これだ!」と決めたメニューは「カンパチカマ塩焼き」。
どうやら最後の1つだったらしく、小生が注文すると同時に短冊が剥がされていた。
生の状態から焼き上げるらしく20分ほど待って出て来たブツは、絶好の焼き加減でもう美味しいの一言。
聞けば若狭湾産のカンパチらしいが、ブリよりも脂が乗っていて下の上でとろけるようだ。また皮もパリッと焼かれており、おいしくいただくことができた。

滞在1時間ほどでお勘定。
周囲にタバコを吸う人が皆無だったこともあって非常に快適に過ごすことができた。
夜になるともっと混んでくると思われるが、1人でサクッと飲むには、場所、値段そしてメニューとすべてが最高な環境だと思われる。
無論、次回以降京都に来た際には積極的に立ち寄らせていただこう。
tsm17090808
ごちそうさまでした。

ヤキトリハウス 平安郷

6月も早くも半ばである。
例年であれば不快な蒸し暑さを打破するために冷たいビールや酎ハイが大活躍する時期だが、今年はどういうわけか雨が少なく気温も低めなため、彼らがあまり活躍していない気がする。
これではいかん!と、定時のゴングとともに会社から逃亡し向かったのが登戸。
以前から気になっていた酒場に潜入してみることにした。
hak17061401
ヤキトリハウス平安郷さん。建物左手の入口が酒場で、右側が同じ屋号の焼肉屋さんとなっている。
さらに、店の外でも飲むことができるという面白い作り。
この日も、燦然と輝く赤ちょうちんの下、外のテーブルでは多くの先輩方が鍛錬を重ねていた。

店内は大盛況。
いくつかあるテーブルはすでにすべて埋まっており、辛うじて1人分だけ空いていた立ち飲みスペースに陣取ることができたのは幸いであった。
hak17061402
まずは赤星(中瓶)からスタート。
ビアタンではなくプラ製冷タンなのがちょっと興ざめだが、まあ中身は変わらないので気にしない気にしない。
hak17061406
おまかせの刺し盛2品で、出てきたのはエンガワとカツオ。
エンガワはまあ可もなく不可もなくといったところだが、厚切りのカツオは臭みもなくアブラものっていて美味しかった。
量的にも、これで500円ならば文句はない。
hak17061403
お代りは酎ハイ(320円)。注文時にレモンスライスの有無を確認してくれるのは嬉しいサービスである。今回は「無し」で。
強めの炭酸で割られている小生の好きなタイプで、美しいジョッキの気泡は見ているだけで楽しくなる。
ベースは寶の25℃。ブランドだけあって間違いのないお味だ。
hak17061407

焼き物はハラミと豚バラを塩でいただいた。
やや硬い感じの食感で、大ぶりな体でなかなかに食べ応えがある。
120円というお値段を考えてもコストパフォーマンスは良い。

酎ハイを1杯お代りしお勘定は2000円弱。
(お店の名前的に)焼き物がメインのようだが、それ以外にも豊富なおつまみが揃っているので普段立ち寄るにはよさそうなお店だ。
立地的にもお値段的にも申し分なく、また休日は14時から営業しているそうなので、早くも再訪を決意した小生であった。

ごちそうさまでした。

立飲み カドクラ

麺活初めの後は酒場初めである。
お店は決めていなかったため、京成線に乗りながらどこで降りようかと考えていたのだが、いつの間にか爆睡しており気が付けば日暮里駅を発車するところであった。
そうなると必然的に向かう先は1択となる。

京成上野駅から中央通りを横断しアメ横へ。いつにも増して人出が多い。
いつもの通りを順番にリサーチしていくと、まず文楽はお休み。大統領は外に7~8人の行列ができている。
大山も売り場は空いているが飲みスペースがいっぱいだ。そして向かい合う立ち飲み2店。

無性にハムカツが食べたかったのでカドクラを覗くと、満席ということで追い返されてしまった。
いくら正月とはいえ、まだお昼ちょっと過ぎたばかりの時間帯だというのにすごい混雑っぷりだ。
仕方ないので向かいのたきおか1へ避難。こちらも結構な混雑だが、カウンターには何とか入れてもらえた。
まずはスーパードライ(!0)で乾杯。いつも飲んでいるのが中瓶なので大瓶の太さにどことなく違和感を感じる(笑)
合わせるのは「なめろう」。シンプルだが、アジの濃厚さとネギのほろ苦さがうまくマッチし、どの酒にも非常によく合う。
ここに来ると必ず頼んでしまう1品だ。
20分ほどすると向かいのカドクラが空いてきたようなので河岸をチェンジ。
こちらでは黒ホッピーをお願いした。
念願のハムカツ。特筆すべきおいしさ、というわけではないのだが年に1回くらい食べたくなる、こちらのお店の看板メニュー。
添えられた芥子やキャベツも、一緒に食べるとなぜか美味しく感じるから不思議だ。
ちなみにポテトサラダやチーズを挟んだものもあるがこちらはちょっとお高い。
ホッピー外が余ってしまったので追加でお願いしたのがニラ玉。
外見は普通のニラ玉なのだが、ニラに火を通しつつ中身がトロトロに仕上げる焼き加減は、素人が家で作ろうとすると案外難しい。
意外と(?)上品で、酒のツマミとしては上品な印象すら受ける。
結局、外1に対して中を5杯と、日の高い時間帯にして文字通りのセンベロ状態となってしまっためこのあたりでお開き。
今年もいつでも酒場へ繰り出すことができる程度の健康を維持することを目標としよう。

ごちそうさまでした。

かとりや 溝口店

前日までの半袖の陽気が嘘のように寒い週明け。天気図は西高東低の典型的な冬型を示しており、風も強い。電車が止まっては大変なので、定時をもって退社することにした。

とはいえ、まっすぐ家に帰るとは言っていない。この日は朝から久々に焼き物が食べたい気分だったため、溝の口の西口へと歩を進める。
しかし、この日も店内満席。早い時間だったためしばらく待とうかとも思ったが、季節外れの寒波の影響からか、いつも満員の外の立ち飲みコーナーがこの日はガラガラである。ちょうど良いのでこちらで飲ることにしよう、
まずは約一ヶ月振りの赤星から。この苦味とコクの素晴らしいバランスは、広い飲み口の容器で飲むのがもっともおいしい。つまり、ビアタンで飲むのに最も適していると思うのだ。
焼き物は椎茸と、カシラとレバを塩で。時間差で焼き上げてくれるため、いちばんおいしい状態で食べられるのがよい。
赤星を飲み終わった後は日本酒を。甘口の銘柄「湖月」が、これまたもつ焼きとよく合うのだ。
追加で頼んだ厚揚げ。本体よりも山盛りのネギに微笑んでしまう一品。よく見ると、店主がしっかりと焼き加減を頻繁に確認しつつ仕上げてくれている。まごうことなき、逸品なのだ。
最後に、川崎でいちばんおいしいつくねを。問答無用のキラーコンテンツ。これでもう、満足して家路につける。
串5本と赤星大瓶、それに日本酒を3杯でまだ1000円代。これだけ飲めれば、「センベロ」と言っても問題あるまい。
ごちそうさまでした。

かとりや 溝口店

月に2回は赤星が飲みたくなる。飲兵衛ならよくお解りいただける現象だと思う。そんな時、小生が向かうのはここと決めている。

いつものように溝の口駅の改札を抜けスキップをキメながら西口商店街の入口をスルーし、店の中を覗くとなんと満席!すぐにでも飲みたかった小生はアーケードの天井を仰いで呆然と立ち尽くした。考えてみればこの日は休前日。普段は抑圧された飲兵衛達のテンションも高い日なのだ。
「無念・・・」そう捨台詞を残し、涙ながらに来た道を帰ろうとした刹那、救いの手が差し伸べられた。
いつもいつも、溢れんばかりのお客さんで埋め尽くされていた外の立ち飲みコーナーに、ポッカリと、小生を待っていたかのように空きがあるではないか!
これ幸いと立ち位置を確保し、店主に赤星をオーダーする。嬉しいー!(*^o^*)
さて、こちらのお店、同じ屋号だが、中と外ではメニューも値段も微妙に異なるのが特徴。中では串が5本縛りなのに対して、外は1本から頼める上に1本あたり10円安い。ドリンクも、中では焼酎(キンミヤ)があるが、外では赤星と日本酒だけ。そのため、どちらで飲むのか、実に悩ましいのである。(もっとも、外はいつも混んでいるので選択の余地はあまりないのだが。)
まずはカシラとレバを塩でオーダー。店主の絶妙な焼き加減と塩加減に感服。やはりうまい。 
続いて、厚揚げと川崎でいちばん美味しいつくねを。中と違って、こちらのメニューも串単位で頼めるのは嬉しい。
厚揚げに関しては、ご覧の通り有り余る程に盛られた薬味のネギが素敵である。
どちらも火の通り方が素敵で中までホクホク。これらは明らかに、中よりも美味しいかな。
追加のドリンクは日本酒を。「湖月」という銘柄らしいが、モツ焼きに合う甘口で、結局3杯もお代わりしてしまった。
最後にネギマとハツをオーダー。前から思っていたのだが、こちらのお店、モツ焼きのレベルが高いのは言うまでもないが、実は鶏系も相当ウマい。今度は人気メニューらしい「ササミ炙り」も食べてみたい。
そんなこんなでお勘定。驚いたのが店主が即座に暗算で金額を伝えてきたこと。自慢するわけではないか、小生、小学生の時に珠算一級を取得しており加減算の暗算については5桁までなら正確に行える。そのため、いつも支払額をあらかじめ用意し、計算を待つのであるが、この日は即座に支払いとなった。いやはや、恐れ入りました。
アウェー気分なのは否めないが、満足度は外の方が上かもしれない。いつも混んでいるため滅多に楽しめないのが残念だが、チャンスがあればまた外で、店主の仕事っぷりを肴に飲みたいと思った。
ごちそうさまでした。

立呑み晩杯屋 大塚北口店

池袋での待ち合わせ。時間があるときには1人で0次会を開催するのが常なのだが、そんな時には昨年大塚にオープンしたこちらのお店。お値段、お味、雰囲気。全てにおいて非常に頼りになるのである。

まずはいつもの「緑茶割り」。成分が沈殿するほど濃い目の緑茶が、焼酎に負けずにその特徴を主張して止まない。聞けば晩杯屋チェーンで一番人気なのだとか。場慣れした酒飲みに支持されるだけのことはあるさすがの銘品だ。
アテはこれまたいつもの「煮込み」。よく下処理されたモツに、豆腐、大根、蒟蒻、薬味のネギ。特筆すべき点はないのだが、飽きがくる前に食べ終わるこの量と、何より缶ジュース1本と同じというこの値段が素晴らしい。
おかわりは、「天羽の梅ハイ」。下町の飲み屋で広く愛される梅シロップがベースの寳チュウハイである。どことなく、某店の梅割りを感じずにはいられない?
最後にまたまた「なすしょうが」をオーダー。茄子の価格高騰の影響か、いつもより量は少な目である。
ドリンク2杯とアテ2品、締めて840円でサクッと退店。素晴らしいコストパフォーマンスっぷりに、いつも退店時には感嘆を禁じ得ない。今年も出店攻勢を強めていくそうなので、是非とも我が通勤圏内に出店してほしいものだ。
ごちそうさまでした。

桝本屋酒店

夕刻、突然客先への訪問を命じられた金曜日。その経緯は置いておいて、「直帰」というフレーズに抗う術もなく、ウキウキ気分で仕事を終えた。。。

しかし、悲しいかなこういう日に限ってトラブルは発生する。帰社を余儀なくされた小生はアツくなった飲酒欲をしずめるべく、未知の領域へと歩を進めた。
角打ち。今でこそ飲兵衛の間では市民権を得たスタイルだが、一昔前は単なる酒好きなオッサンが集まる場所だった。
そんな勝手なイメージで、どうも好んで訪れることのなかったこのジャンルだったのだが、意を決して飛び込んでみることにした。
(と、いうのは真っ赤な嘘。帰社命令の連絡を受け、真っ先に目に入ったのがこのお店だっただけである。)
優しそうなおかみさんにオーダーしたのは赤星大瓶440円。いつもモツ焼きと共に飲んでいるヤツよりも180円も安い。ただ、中身は変わらないはずなんだが、どこか味気ないような気がする。
手持ち無沙汰なのでチーズを1つ。(60円)至って普通なのだが、つまみが乾きものオンリーのこの店では主役級の扱いと言っていいだろう。
鼻歌うたいながら、店の主役である冷蔵庫を愛おしげに拭くおかみさんに、今週の相場を反省する客のオッサン。
初めて来た店で言うのも憚られるが、酒好きが静かに酒を愉しむことのできる、良い雰囲気のお店だと思う。「何も足さない、何も引かない」というウイスキーのフレーズが頭をよぎったがまさにこのことのような気がする。
締めてちょうどワンコイン500円。某コーヒーチェーンでは味わえない雰囲気に酔いつつ、ごちそうさま。
角打ち。悪くないね。

立飲み たきおか

【テスト投稿】

image

移動した先はたきおか。カドクラから徒歩2秒の同形態のお店。こちらも真昼間から大盛況である。

このお店の素敵なところは、オーダーから提供の速さだ。飲み物なら20秒。おかずなら(焼き物を除いて)遅くとも1分以内には提供してくれる。

image
image

オーダーしたのは酎ハイとなめろう。なめろうは小生がこのお店で最も好きなメニューなのだが、相変わらずのクオリティで安心。
滞在15分、¥530でごちそうさま。気がつくと、店内は満席になっていた。

image

立飲み カドクラ

【テスト投稿】
立石から離れて向かった先は上野。ちょっと時間調整がしたくて、ちょっと立ち寄れるここに来てみた。

image

久しぶりに来だが、収容可能人員の8割ほどで埋まっている・・・いくら週末とはいえ、まだ午前中だぜ?この人たち大丈夫なの?

image

人のことは言えないだろ!と言う突っ込みは甘んじて受けよう!まずは、この界隈でいちばん安いと言うスーパードライで乾杯。
※消費増税前までは¥350で、間違いなく最安だった。が、今は知らん。

image
image

マカロニサラダに、お新香。それぞれ150円。すぐに出てくるのは良い。

締めて700円。時間調整には最適なんだが、隣にタバコ吸われるとゲンナリなんだよなあ。5分に1本火をつけるデヴが隣にきたので、河岸を変えることにする。

ごちそうさまでした。

立呑み 晩杯屋 武蔵小山本店仮店舗

【テスト投稿】
個人的定時退社日である金曜日。終業のチャイムと同時に華麗にパソコンをシャットダウンし、しなやかに退社をキメる。

いつもならば麺活に勤しむのだが、最近ベルトがキツくなってきたことが悩みの小生。健康診断が近いこともあり、この日は炭水化物を控えてアルコールを摂取することにした。

意味ねえじゃん・・・(;´Д`)というツッコミは甘んじて受けよう!

向かった先は武蔵小山。先日の立ち飲みの日は図らずも「座り飲み」となってしまったので、正統派の立ち飲みを堪能すべく「晩杯屋」を目指す。

image

再開発の影響で8月末に移転してからは初訪問になる。以前よりも駅からは遠くなってしまったものの、店の面積は大幅に増したのは嬉しい。以前は満員で入れなかったこともあったし、何より隣人の副流煙がキツかったからね。

image

まずは「緑茶割り」。アルコール度数9%というが、濃い緑茶の甘みもあってそれほど強さは感じない。某氷結スト●ングと違って、度数は強くてもしっかりウマい酎だ。

image
image

ツマミは煮込みとマグロ刺しを。いつも同じメニューで始めているような気がするが、好きなんだからしょうがない。

image

二杯目は「天羽の梅酎ハイ」その名の通り、焼酎を、下町の飲み屋では欠かせない割材である天羽の梅シロップと炭酸で割ったもの。サッパリ感と少しの甘さも感じられて非常に美味しい。

image

追加でなすしょうが。カットしたナスの素揚げにすりおろした生姜を乗せただけなのだが、なぜかクセになる一品だ。注文の度に揚げているので時間はかかるが、アツアツで提供されるのは嬉しい。

安くておいしいのでついつい長っ尻になりそうだが、門限もあるためサクッと退店。
締めて1040円也。それほど酔ってはいないので「センベロ」とは言い難いが、帰り道にチョイ飲みするには最高のお店だと思う。
他店舗展開を計画中らしいので、ウチの近くにも出来て欲しい。

ごちそうさまでした!