宇ち多゛ ~一人慰労会~

プレミアムフライデーである。
無論、小生の勤務するブラック企業にはそのような制度はないので個人的に楽しんでいるに過ぎない。
この日も早朝から客先での作業となったが、直帰が許可されていたためいつも以上に手を抜き出精し、15時にはすべて終えて一目散に立石へ。
目当てはもちろん、久しぶりの宇ち入りである。

“宇ち多゛ ~一人慰労会~” の続きを読む

宇ち多゛ ~啓蟄の朝酒~

冬眠していたカエルが穴から出てくるといわれる啓蟄の候。
徐々に春が近づきつつあるのは体感できるものの、半袖の陽気となった翌日には霙になろうかという冷たい雨が降ったりと、例年にまして気温が安定しない関東地方。
日々の体調の管理が余計に難しくなる季節ということに加え、スギ花粉の飛散もピークとなるこの時期は常に体調がスッキリせず気分まで鬱蒼としてしまう。

“宇ち多゛ ~啓蟄の朝酒~” の続きを読む

宇ち多゛ ~春の嵐の前に愉しむ~

都内での健康診断の再検査だったこの日。
初回の健診をノーガードで挑んだ結果血圧と中性脂肪が過去最高値を記録。
特に後者が「異常」と判断されて無事この日の再検査と相成った次第だ。

せめてもの抵抗として、5日ほど酒とラーメンを経ち、毎日1時間のポケモンGOウォーキングを行ってから挑んだ今回。
体重は2キロ減少し、血圧も正常値にほど近い値まで回復していた。
中性脂肪については検査結果待ちだが、LDLコレステロールは年々改善しているのでさほど気にしなくてもよいとのこと。
前回は保健指導で真っ先に指摘が入った飲酒量についても今回はスルーだったので、ひとまず安心してよさそうである(?)

“宇ち多゛ ~春の嵐の前に愉しむ~” の続きを読む

宇ち多゛ ~絶品のダイコンに酔います~

3連休は立石詣でからスタート。
この日も氷点下の気温の中、早朝から電車を乗り継いで臙脂色の暖簾を目指す。

u18021001
到着時にはすでに線路沿いには結構な行列で、数えるとギリギリ口開けに間に合う位置。
お客さんの出足は昨年あたりより確実に早くなっているようだ。

“宇ち多゛ ~絶品のダイコンに酔います~” の続きを読む

宇ち多゛ ~初詣~

今年の仕事始めは年末年始休暇と成人の日3連休の狭間の1日だけ。
休みにしてしまった方がメリットは大きいと思うのだが、会社とは得てして融通の利かないものである。
ただでさえ社内ニートの小生である。こんな日に出勤したところで仕事があろうはずもなし。
あまりのヒマさに午後から有給と言う名のサボタージュを敢行し、意気揚々とオフィスを後にした。

向かった先は酒都・京成立石。
目的はもちろん宇ちい・・・いや初詣とでもいっておこうw

“宇ち多゛ ~初詣~” の続きを読む

宇ち多゛

月に1度のお楽しみである朝酒に立石へ。
u17120901

季節はすっかり冬となり、傍から見れば酒を飲むために行列するなんてのは常軌を逸していると思えるような寒さである。

だがそんな時こそ狙い目。帽子と手袋それに使い捨てカイロといった防寒道具を装備し、喜んで中年は「酔狂」となるのだ。
u17120902
目論見通り、この日は先輩方の出足も鈍くいつもより遅い時間であっても余裕で口開けに間に合った。
まずはマスターに注いでいただく梅割り。
辛めでお願いしたためほとんど生の寶だが、キレを楽しむには香り付け程度で十分。
ひんやりとした気候も相まって、非常に美味しくいただけるのだ。
u17120903
スターターはホネ。
「東京五大煮込み」と呼ばれているだけあってその美味しさは折り紙つきだが、ホネが加わるとさらに豪華である。
これがツーコインで食べられるなんて、よく考えたら凄いことではないだろうか。
u17120904

焼物はカシラタレから。
ややレアな内部を甘めのタレで食べるのが最近のお気に入りである。
u17120905
続いてハツ辛塩。
プリプリした食感とほどよい脂のノリは、個人的に「これぞモツ!」と言いたくなるお味である。
u17120906
箸休めはやはりダイコン。
醤油ダレもお酢はかけず、七味だけでいただくのがお気に入り。
寒くなって来ると大根の甘さが際立ってきてさらに美味となる。
u17120907
締めはシロタレ。
問答無用、説明不要の美味しさ。
やっぱり好きだなあと、改めて実感。
u17120908
この日は体調も居心地もよく、いつもより多めの4杯5皿でお勘定。
時刻はまだ昼前。天気も良いので酔いざましがてら、この日追加された新ポケモンでも捕まえにいくことにしよう。
ごちそうさまでした。

宇ち多゛

社内ニートである小生。当然のことながら会社での評価はいつも最低ランクを彷徨っているため、年々賃金は減らされていく。
それに反比例するかのように愚息たちは成長しいろいろと物要りになるのだから、まずもって「不必要経費」である小生の飲み代がカットされるのは至極当然である。
u17111101
そのような事情で近頃は外で飲む回数もめっきり減ってしまったのだが、どうしてもこちらのお店に行くことだけは止めることができない。
土曜日の口開けを狙って約1カ月ぶりの立石。もちろん前夜は休肝日とし、万難を排しての訪問である。
u17111103
朝一にマスターから注いでいただく梅割りはその所作を見ているだけでウキウキしてしまう。
「辛めで」と伝えて、香り付け程度にエキスを加えた程度が好みだ。
u17111104
口開けの特権である「ホネ」はボリューム満点。久しぶりに食べてみたがやはり美味しい。
特に土曜はよく煮込まれているからか柔らかい上に、スルッと骨から外れて食べやすい。
u17111105
焼物は「ハツ」。辛塩でお願いすると結構な塩加減。
モツの旨味を味わうためには、通常の塩加減の方が良いか。
u17111106
カシラはタレで。若焼き指定はしなかったものの、内部はレア状態なのが良い。
以前はよく塩で食べていたのだが、最近はタレで食べるカシラがお気に入りである。

体調に問題があったのだろうか。
酔いが回ってきたのが自身でも分かったのでちょっと控え目に3杯+3皿でお勘定。
大満足の「センベロ」。
年内にもう数回、訪問できると良いのだが。

u17111102
ごちそうさまでした。

宇ち多゛

雨が降り続く週末。鬱蒼とした気分を晴らすにはやはり朝酒しかあるまい。
ということで、この日も朝から立石へ。

u17100701
前回の教訓から普段よりもより早めに到着したのだが、それでもすでに結構な行列が。
やはり、先輩方の動き出しも徐々に早くなっている様子だ。

u17100702

まずはいつも通りマスターから注いでいただく梅割りからスタート。

裸電球に照らされ、表面張力から光を放つ琥珀はなんとも妖艶である。
u17100703
この日もホネには間に合わなかったのでおかずは焼物から。
カシラは塩でいただくと、肉の旨味がより楽しめるのが良い。
ややレアに焼かれているため、中央部の食感がまたたまらないのだ。
u17100704
アブラ少ないとこ素焼き良く焼きお酢。
符牒が長くなるため注文時には舌をかまないよう気をつけなければいけない一品。
コッテリとした部位なので、お酢が良く合う。
u17100705
隣のオジさまのきゅうりが美味しそうだったので、この日はおしんこをかけないで。
ちょっとボリューム的に寂しい見た目だがwきゅうりもダイコンも浸かり具合は上々。
アッという間に食べきってしまった。
u17100706
締めはシロタレ。久しぶりに良く焼きでお願いした。
周囲の「焦げ」はもちろんのこと、新鮮で臭みのないシロの美味しさには毎度毎度うっとりしてしまう。
この日も完璧。梅割りとの相性も最高だ。
ちょっと多めの3杯半+4皿でお勘定。
仲見世のアーケードを出るといったん雨は上がっていた。
ちょっと酔いをさまして、麺活に出かけることにしよう。
ごちそうさまでした。