ラーメン二郎 栃木街道店 ~小つけ麺~

お盆休みも早いもので最後の平日、つまり(土日は家族運用が義務付けられているため)実質的な最終日である。
とあらば、せっかくなので麺活遠征!といきたいところだが、連日の飲酒が原因で胃腸がどうも不調・・・
早朝、家人を送り出ししばし悩んだものの、途中での体調回復に賭けて出かけてみることにした。

“ラーメン二郎 栃木街道店 ~小つけ麺~” の続きを読む

ラーメン二郎 栃木街道店

お盆休みである。
前半は公言通り家族サービスやら旅行に費やしたので後半は趣味の時間に費やすことにしよう。
と、いうわけで麺活遠征。
そぼ降る雨の中やってきたのは栃木街道店。昨年の9月以来、11か月振りの訪問である。
tc17081601
ただでさえ行列必死なこちらのお店だが、お盆休み期間ということもあって連日凄まじい大行列になっているという話を聞き、開店1時間40分前に到着すると意外なことにポールポジション。
どうやら数人は駐車場の車内で待機中だったようでその後すぐさま5人ほどが列を成した。

こちらのお店の玄関先には屋根があり、数人は傘をささずとも待てるのが嬉しい。
(それを狙って早めに来たということもあるのだが・・・)
強くなったり弱くなったりを繰り返す降雨にイライラすることもなく、スマホで高校野球中継を見ながら開店時間を待つのはさほど苦にならなかった。
tc17081602
オーダーしたのは「つけ麺」。
年に1回程度しかも夏の時期に来ることが多いために毎回つけ麺を頼んでしまい、ラーメンのお味が恋しいところなのだが、そんなジレンマを解決してくれるオーダーを幸いにも友人から教わっていたため、迷うことなく「アレ」をお願いいした。
tc17081603
トッピングはニンニク少し。
ラー油が入っていないスープの色は控え目だが、鼻を近づけずとも分かる豚の豊潤な香りに嫌が応にも期待が高まる。
tc17081604
その実、甘みたっぷりのアブラと豚のコクが出まくっているスープは濃厚な味わい。
酸味と辛味が省かれているためか思いのほかスッキリしており、これでは、文字通り箸が止まらないではないか!
tc17081605
白みがかった麺は硬すぎず軟すぎずの最高な食感と、溢れる小麦の香りを備える極上なもの。
他の店舗では見ることのないタイプで、つけ汁に非常によく合っている。
麺上げを行う店主殿が、その特性をよく解っているから最高の状態で上げられるのだろう。
麺を締める、女性助手氏の笊さばきも見事であった。

tc17081606

豚は小ぶりなものが4つほど。
一見すると硬そうに見えるが、食べてみるとしっとりとした食感に少々驚く。
脂身は少ないのだが、そこはさすがのブランド豚。補って余りある赤身の旨味は他では味わえない美味しさである。

tc17081607
文字通り、気が付くと完食。
思わずつけ汁を完飲したい衝動に駆られたが、すでに店舗を半周しようかという行列の後尾が正面の窓から見えたため、少しでも早く席を空けるべく丼を置いた。

感動の1杯。完璧な1杯。
雨中の遠征は大満足という結果を得て、満面の笑みを携えて帰路へついたのは言うまでもない。
ごちそうさまでした!

ラーメン二郎 栃木街道店

夏の間に使い切れなかった「青春18きっぷ」が余っていることを思い出した週半ば。幸か不幸かギリギリ週末まで有効だったため、急遽お出かけすることにした。

となれば、当然麺活遠征である。はじめは唯一未訪の新潟・・・と考えていたのだが、どうにも上越線の乗り継ぎが悪くてに日帰りは面倒くさそう。東北2店はこの夏行ったし、残すはあそこか。と、少しばかり逡巡した後に行き先を栃木に決定。
湘南新宿ラインから小山で両毛線に乗り換え、さらに栃木で東武宇都宮線に乗り換えて壬生まで。そこからさらに歩くこと15分ほどでようやく到着。開店1時間前だが、すでに7人が並んでいる。相変わらずすさまじい人気っぷりである。
辛うじてファーストロットに滑り込み、オーダーしたのは「つけ麺」。毎年夏になると提供され、小生も楽しみにしているメニューである。例年だとそろそろ終了の声が聞こえる時期のため今年は食べられないかと思っていたが、幸いにして楽しむ機会を得ることができた。
つけ汁はラー油の効いたピリ辛のもの。昨年のものよりもやや辛めな印象。ゴマの風味とやわらかな酸味を除くと、よく行く蓮爾のノーマルつけ麺に似た味わいである。
麺はよくありそうで、なかなかお目にかかれない中太の柔麺。強いて言えば、先日食べた時の中山に似ているか。
このつけ汁にはこの麺しかないだろうと思われる絶妙の太さと柔らかさ。箸が止まらない。
以前から気になっていた「ピリ辛らっきょう」もオーダー。初めはサブアイテムと考えていたがなかなかどうして、ヤサイとタメを張れる存在感ではないか。やや辛目のつけ汁の後味をリセットし、さらなる食欲を駆り立てる。これは、二郎に良く合っているわ。
麺やヤサイの量はかなり多めだったが、問題なく完食。ここ数年は年に一度程度しか来られてなかったが、もっと頻繁に来たいと改めて思った今回の訪問であった。次回は久しぶりにノーマルのラーメンを食べてみよう。
ごちそうさまでした。