ラーメン二郎 札幌店

北海道旅行の最終日。本来であれば休日である前日に帰る予定だったのだが、生憎のことちょうど良い時間の飛行機はすでに埋まっていた。また連休最終日ということで料金も、(社内ニートで薄給の小生にとっては)なかなかよろしいお値段である。熟考の結果、延泊と有給を駆使して平日である翌日に帰京することにした。

と、いうのはタテマエで、本当の目的は当店を訪問すること。狙いは1つ。冬季限定かつ平日の昼間にしか提供しないという、在京のリーマンジロリアンにとっては最も難易度の高いメニューである「つけ麺」を食べるためであった。
気合を入れて、開店30分前に到着しポールポジションをゲット。3月も末になり、日が差す日中は札幌もだいぶ暖かく、待つのも余裕である。
待望のつけ麺。他店同様、つけ麺の麺量はラーメンに比べて多めのようだが、この日は空腹だったので少なめは申告せずにデフォの量で、コールはニンニク少なめ。うーん、美しいビジュアルである。
まず手をつけたブタであるがこれがジャスティス。フワトロな食感は非常に食べやすく、また程よくカエシの味が染みており、最初に全て貪り食ってしまった。
麺は前回と同様の、小生好みの太め柔麺。当然、水で締めているため少しブニブニ感が強調されているがこれがたまらなく美味しい。
つけ汁はかなり酸味と辛味が強いもの。他の二郎では味わったことのないタイプである。

プカプカと浮いたアブラに、底には輪切りの唐辛子とタマネギが沈殿している様子。当店にはタマチ、というトッピングがあるが、説明文を見るとどうやらこれがベースとなっているようだ。
それより、何か違和感があると思ったら、ヤサイに白菜が混じっている。これにはたまげたが、食べてみるとさほど違和感はない。やや水っぽいのだが、シャクシャクした食感がなかなか面白い。
麺豚汁いずれも、期待を裏切らぬ素晴らしい出来であった札幌店のつけ麺。来店と提供時間のハードルがとても高いための補正もあるだろうが、はるばる北海道まで食べに来た甲斐のある大満足の一杯であった。
ごちそうさまでした!!

ラーメン二郎 札幌店

【テスト投稿】

はるばるやってきた北の大地、札幌。
いつも出張等で1人で来る時には、酒池肉林のススキノでの活動に重きを置く小生であるが、この日は家族での旅行のためそんなものは望むべくもない。妻子と夕食を済ませた後、風呂へ入る前のアイドルタイムになんとか外出の許可をもらってこちらへとやって来た。
到着時には外待ち6人。この状態だとだいぶ待ちそうだな、・・・と覚悟を決めたのだが、開店後のお客さんが続々と食べ終わるタイミングだったようで、5分後には店内に入れて、さらに15分の後にはラーメンが提供された。
頼んだメニューはTARO。。。といきたかったが、残念ながら券売機には売切のランプが(涙)
仕方がない。遠征なんだからノーマルを食べるべきなんだろう、と、自分に言い聞かせることにする。
(しかし、実はこちらのお店を訪れるのは今年4回目。今年これ以上に訪問した二郎は中山と上野毛だけなんだよなあ…)
麺は前回よりやや太くなったと思われる、新代田に似た太デロ麺。小生の好みのど真ん中である。
スープは桜台バリの強めな乳化傾向。ややアブラが強く塩っぱい感じで、個人的には飲んで味わうタイプではないと思うのだが、周囲を見渡すとドンブリを傾けながらゴクゴク飲んでいる猛者が多数。寒い地方では濃い味が好まれるとはよく聞くが、やはりこれが札幌ジロリアンの好みのお味なのかな。
前回も思ったのだが、今回で確信した。札幌店のヤサイは相当美味い。特にキャベツは全店舗中でもダントツであろう。二郎でキャベツの芯を食べながら(ウマくて)ため息をついてしまったのは初めての経験だ。
本年最後の二郎。スープの大部分は残してしまったが、それ以外は完食。とある事情で来年以降はそうそう訪れることはできないだろうが、次回はヤサイコールで食べようと思う。もちろん、TAROの、リベンジも・・・。
ごちそうさまでした。
※荻窪のリニューアルの告知がこちらにも。聞けば新店主は桜台の助手さんだそうで、こちらの店主さんの弟弟子にあたるのかな?