蓮爾 登戸店

【テスト投稿】
すっかり朝晩は寒くなってきた10月末。当然、日暮れも早く定時で退勤しても既に夜の帳が降りている季節になった。つまり、ラーメンがおいしい季節でもある。

image

到着時、約20人待ち。食券を渡して外に出ると続々と学生が集団でやってきて、あれよあれよと行列は40人ほどに伸びている。

それにしても、ここに並ぶ学生のレベルは低いことこの上ない。集団で大騒ぎするのはともかく、「キリングタイム」などと称して、店員を怒らす挙動をするようわざと後輩に仕向けて喜んでいるのは理解に苦しむ。
何が面白いのだろうか。
まあ、私に害はないし、バカがうつってもイヤなので放っておこう。
(もちろん、そんな奴らばかりではなく、きちんと並んでいる学生諸君も居る。)

image

待つこと50分ほどで、ラーメン到着。ミニラーメン、コールはヤサイアブラニンニク少し。

image

野猿のプチとは違って(?)本当に量が少ないのがここのミニの特徴。とはいえ、普通の男性であれば、普通の食事にはこの量で十分だろう。

image

うどんのような極太麺は、もちろんミニでも健在である。咀嚼回数が増えるため、これを楽しむためにはむしろこのくらいの量が私には丁度いい。

吾唯足知。胃袋に少しの余裕を残して完食。

image

店を出ると、相変わらず凄い行列である。毎年学祭前後のこのシーズンはすごい混むのよねこのお店。なのでしばらくは来られないかな。

ともあれ、今日も美味しかったです。
ごちそうさまでした。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です