かとりや 溝口店

7月の末だというのに梅雨の明けない関東地方。ここ1週間ほどは夜はエアコンなしで過ごせるほど気温も低い。
例年だと我が家のビールの消費量が増大する季節なのだが、今年は妻に「どうしたの?体調でも悪いの?」と心配されるほど常備しているビールが減っていないようだ。
家人に無用な心配をかけてもいけないので、ちょっとだけ飲んでいくことにしよう。

 
溝の口の「かとりや」さん。給料日後ということもあって混んでいたが、、焼き台前のスペース(暑い!)がぽっかり空いていたため仕方なくそこに座る。
まずは赤星で乾杯。ここのところ期間限定で缶仕様の赤星を販売しているため飲用回数が多い銘柄なのだが、やはり瓶で、しかも酒場で飲む赤星は違う!
こちらのお店は冷蔵庫ではなく、いわゆる「水冷」なのでよく冷えていながら飲み口もマイルドなのだ。

焼き物は「厚揚げ」をオーダー。外はカリッと、中はアツアツの焼き加減はお見事。大量のネギと絡めて食べるとすぐになくなってしまうんだよなあ。
こちらは「つくね」。早い時間に来ないと売り切れてしまう人気の一品。タマネギの食感が残るタネにはブラックペッパーとショウガが絶妙に聞かせてあり、いつ食べても顔がほころんでしまう。

滞在15分。宣言通り大瓶1本と2品の「ちょい飲み」で店を出る。
気が付くと店内は満席。
美味なるものを供する場所に、酒飲みは集まるという当たり前のことをしみじみ実感した小生であった。

ごちそうさまでした。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です