宇ち多゛

梅雨も終盤に差し掛かろうというのにエアコンをつける必要のなかった前日の夜。休肝日だったこともあってすこぶる目覚めが良い。せっかく早く起きた朝である。もったいないのでポケモン探し・・・ではなく、しばらくご無沙汰だった酒都へ向かうことにしよう。

宇ち多゛さん。前月末の70周年の時以来だから約一ヶ月ぶりの訪問である。
まずはいつもの梅割り。この店の裸電球の下で映える琥珀色は見た目だけで気分が高揚してくる。
おかずはホネから。アゴの周囲の肉々しい部分は食べ応え十分で、最初のおかずとしてはなかなかハードなのだが、数ヶ月に一度くらいのペースで食べたくなる一品。仕込みの関係からか、ことこの部位に関しては、平日よりも土曜日の方が柔らかくて美味しいような気がする。
箸休めはダイコンかけないで。最近は七味をふりかけて食べるのがお気に入りである。
締めはいつものシロタレ。いつものよく焼きと比べてカリカリ感は劣るものの、シロの甘みと柔らかさはこちらの方が堪能できる。
この日は梅割り3つと3皿でお勘定。ここ数回は意志が弱く、飲みすぎてしまっていたため、しっかりと反省を活かすことができた。(全くもって、威張るようなことではないのだが・・・( ;´Д`))
ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です