ラーメン二郎 中山駅前店

気温は低くとも、高い湿度のために数分歩くだけで汗が噴き出てくる梅雨時特有の不快な陽気。言い換えれば、冷たいビールが美味しいシーズンでもある。

定時退社をキメたこの日、即座に酒場へ向かおうと思ったのだが、ふと、中山店の限定がこの日で切り替わることを思い出したため、予定を切り替えて横浜線に乗車する。
18時半前に到着すると、待ちは中を含めて20人ちょっと。どうやら皆考えることは同じなようだ。気長に待つことにしよう。
待つこと40分ほどで到着したお目当の品。夏季限定第2弾の「ネギ汁なし」である。この日は少な目を申請。コールはアブラとニンニク少し。
大量のネギとフライドオニオンが添えられたビジュアルは昨年のものと大きく変わらず。いつもついつい買ってしまう「ピリ辛にらだれ」も含めて、何とも美しい山体である。
ブラックペッパーを纏った麺を引っ張り出す。食べてみると前回のつけ麺の時に感じた絡みの悪さは皆無で、適度にタレを吸った中太麺は美味しいの一言。
タレ(スープ)の量はこのくらい。昨年よりも香ばしさが弱くなり、その分エフゼットのキレが増し、かなりしょっぱくなった印象である。
スープ割をしてくれるらしいのだが、それを頼むとどうしても完飲しないと失礼なような気がしていつもなかなか頼めない小生。この日も(だいぶ胃袋がいっぱいだったこともあるが)固形物を片付けたところで丼をカウンターに置く。
あー、おいしかった♪( ´▽`)
店を出ると行列は大通りまで達していた。ここまで長いのは初めて見たのでかなりビックリ。
ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です