宇ち多゛

梅雨まっただ中、計画有休を取得した週末金曜日。午前中に錦糸町での用事をすませ昼食を済ますこともなく立石へと急ぐ。

向かった先はもちろん「宇ち多゛」さん。この日は70周年記念で、三代目がデザインした特製手ぬぐいを配布するとのこと。相当な混雑が見込まれたため、なるべく早く向かいたかったのだ。

なんとか口開け入店できる順番にはギリギリ間に合ったものの、その後も続々とお客さんは増え、14時にはかつて見たことがないくらいの行列が形成されていた。早めに行動してよかったと、二の字に着席しながら胸をなでおろす。

何はともあれ、まずはマスターから注いでいただいた梅割りで乾杯。いつ飲んでもなかなかにキツい生の寶だが、お祭りみたいな雰囲気に乗せられたためかいつもより口当たりがソフトに感じた。やはりこいつが最強。

おかみさんから手渡されるシンキ。いつもは争奪戦になるコブクロもこの日はたくさん入荷したらしく、口開け入店時には全希望者に行きわたったようだ。
希少部位ということもさることながら、サクサクとしたコブクロの食感と、全く臭みのないテッポウは美味しいの一言。平日に訪問した際には是非とも味わっておきたい逸品である。

この日は運よくツルにもありつけた。今回はタレでお願い。塩だと脂っこさが目立つのだが、タレだとそれがうまい具合に中和されており食べやすく感じる。
個人的にはどちらの味も捨てがたいのだが、いずれにせよ梅割りとの相性がもっとも良い部位だと小生は思う。

久しぶりに頼んだ「レバ塩」。よく焼かれた大振りのレバは、焼き立てだと中身がホクホクしておりより満足度が高い。焼いてもしっかりとエッジが立っているのは新鮮な証拠だろう。

 

image

締めはダイコンかけないで。最近はこれに卓上の七味を少々振り掛けて食べるのが好きである。

この日は雰囲気に乗せられ、いつもより多い梅割り4つ半。新記録を達成してしまったのはナイショだ。(ちなみに、おかずの皿の数よりも杯数が多かったのも初めて。)

そして、70周年おめでとうございます。これからも、楽しく飲ませていただきますのでよろしくお願いいたします!

その後はもらった手ぬぐいを持って野球観戦。このエリアで掲げてたので、色的にちょっと浮いちゃったかな(笑)

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です