かとりや 溝口店

暑くもなく、寒くもなく、過ごしやすい日が続く五月の終わり。月末進行も思ったほど厳しくなかったため、定時で仕事を切り上げて帰路につくと、ちょうどマジックアワー。なんだか気分がよくなったため、フラフラと溝の口で途中下車をキメた。

 

向かった先は「かとりや」さん。この日も店内が盛況で外の立ち飲みコーナーが余裕ありだった。いつもなら外に陣取るのだが、ここ数回外が連続していたためどうしても中で飲みたかったこの日。辛うじて空いていた一塁側の1席に身を落ち着ける。

まずはいつもの赤星から。最近、よく飲食店で見かけるようになった「サッポロラガー」だが、いつどんなシチュエーションで飲んでもおいしいのが素晴らしい。特に、仕事上がりは最高である。

焼き物は「レバ」と「カシラ」を2本ずつと、「タン」の5本をぜんぶ塩で。一見カシラを変わらない外観のタン(左側)だが、コリコリした食感がたまらなく、癖になりそうな一品。しばらくリピート必須かな。

赤星のあとはキンミヤのロック。良く飲む宝と比べて、同じ甲類焼酎でもキンミヤはなんだか上品な味がするのは気のせいだろうか。特にロックやストレートで飲むとそう感じるのだ。


最後につくねを食べようと思ったのだが売り切れとのことなので厚揚げを。相変わらずドッサリと添えられたネギが美しい。

中までアツアツに焼き上げられた厚揚げに醤油をたらし、たっぷりのネギとちょっとのショウガと共に頬張ると、それはもう最高の酒肴。かとりや劇場のクライマックスの瞬間である。

滞在30分ほどでお勘定。約2か月ぶりの訪問だったが、卓上のメニューのデザインが新しくなっていたり、新しいハイッピーが提供されていたりと、ちょっと変化があったようだ。クリア&ビターのハイッピーは気になっていたので、今度試してみることにしよう。

ごちそうさまでした。 



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です