ラーメン二郎 環七新代田店

久しぶりに定時で仕事が終わったこの日。ゴールデンウイーク前後から諸事情によりなかなか平日の麺活ができていなかったため、この日は迷うことなく家とは反対方向の列車に乗り込む。

向かった先は新代田。開店1周年でいつもと違う麺で提供しているのと、先日から「スープ抜き」が始まったと聞いて、週半ばから訪問するのを楽しみにしていたのだ。
運良く、到着時に待ちなしで店内空席あり。門限のある身としては、少しでも待ち時間が短いのはありがたい。
頼んだのは小のスープ抜き(汁なし)。専用の食券はないようなので小の食券を渡す際に口頭でお願いする。トッピングはアブラとニンニク少し。有料のたまねぎとたまごもお願いした。
スープ抜きとはいえ当然ながら多少の水分は含まれるが、必要最低限といったところ。エフゼットのショッパさをストレートに麺に絡ませて食わせるシロモノのようで、他ではあまり見ないタイプである。
そしてこちらの限定麺。いつもより細めで、三田本店を意識したとのことだが、似ているような似ていないような・・・。
もっとも、あそこは茹でる人によって固さが大きく異なる上に、小生にとっては頻繁に行く店ではないため正直比較が難しい。
とはいえ、スタイルが違ってもやはり新代田のモッチリ麺である。エフゼットとの絡みは良く、期待通りのおいしさだった。
少なめと伝え忘れたので少々不安だったものの、そのまま食べるのはもちろん、たまねぎやたまごとの相性もバツグンで、いろいろ味変を楽しんでいるうちに全く飽きることなく完食した。
いや、予想通りの重厚だがシンプルな「スープ抜き」。美味しかった。次回はぜひ通常の新代田店の麺で食べてみたい。
(但し、デフォルトでアブラがかなり入っているためアブラコールは不要だな・・・)
ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です