つけめんTETSU 武蔵小杉店

通勤経路にある武蔵小杉は日頃からよく下車して飲み食いをしているのだが、以前から気になりつつもなかなか訪問できなかったこちらのお店へ。

確か10年くらい前からチェーン展開を行い、すっかり市民権を得た感のあるつけ麺のお店だが、これまで食べたことがなかった。
つけ麺をイチオシにしているだけあって、食べ方やスープ割、さらにはこの店の売りである「焼き石」などの指南がイラストで書かれ、席の前に貼られている。
頼んだのはつけ麺ではなく「まぜそば」。初訪問なんだから看板メニューからいくべきなのだろうが、実はこれが食べてみたかったのだ。
メインの丼にはチャーシュー、メンマ、もやし、ネギ、カイワレ、鰹節とたくさんの具が配され見た目は華やか。
そして、タレが別容器で提供される、一風かわった方式。そのタレには多めの固形脂と生卵が入っている。
まずは麺を引っ張り出して麺を食べてみる。昨今流行りのつけ麺専門店でよくある、固めの食感が残る中太麺。可もなく不可もなくといった印象。
素の状態だと少量のスープと液体アブラの味しかしないため、別添のタレを投入し、マゼマゼ。
固形脂と生卵が加わることでマイルドかつ甘めな味が勝りタレのショッパさを消してしまうためだろうか、全体的に味が薄いような印象である。
しかし、某店と違って醤油のショッパさで食べさせる店ではないため、このくらいで良いのだろう。
最後に、残ったタレを卓上のスープで割って楽しむ。カツオダシとのことだが、残ったタレの甘さと意外にもマッチしていておいしかった。
ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です