自家製中華そば としおか

少しずつではあるが、日中は春の陽気を感じる如月の末。同時に花粉も本格的に飛び始めたようで、十数年の花粉症選手である小生にはまたツラい季節の到来である。

とはいえ、暑くても寒くても、雨が降っても花粉が舞ってもやはり並ぶわけで。この日は開店30分前に到着して10人待ち。平日ということを考慮しても、並びは落ち着いてきたか?
待つこと60分ほどで入店。思ったよりも暖かかったため、震えることなく待つことができた。よく冷えた世界一美味し(略)もまた、いつも以上に美味しく感じる。
ローテを守り、ラーメン小をオーダー。塩やつけ麺と比べるとやや地味なビジュアルだが、麺とスープをダイレクトに味わうのにはこのくらいの添え物で必要十分。加えて、店主殿のお心遣いに感謝しつつ、いただきます。
前回強めに感じた獣系はこの日は大人しく、その分魚系(カツオかな?)がよく出ているスープ。どちらかというと、これは塩の方が相性は良かったか?まあ微妙な違いである。美味しいことに変わりはない。
なめっこいと称される麺は、この日はいつもの啜りやすいツルモチ麺と違い、やや固めで歯ごたえは十分なもの。小の麺量でも十分に満足することができた。醤油の効いたノーマルのラーメンには、よく合っていると思う。
この後に予定があったためこの日はスープの大半を残して席を立つ。並びが少なければ、小サイズは普通のランチとして最適ですね。(ビールは除きますよ?(´Д` ))
ごちそうさまでした!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です