自家製中華そば としおか

気温の乱高下により、やや体調を崩しつつある週明け。代休を取得し午前中に病院で診察を受けた後、処方箋に従いこちらのお店へ。(もちろん嘘です)

体調が悪化しても困るので行列がキツかったら諦めようと考えていたが、幸いにして行列は6名。これなら余裕で待てる。
しかし、待っている間に冷たいものが落ちてきたり、時折強い風が通り過ぎたりと、待っていた時間の割にはすっかり身体が冷えてしまった。
こんな時はもちろん。世界一ウマいスーパードライを。震えながら飲む辛口がこの上なく美味しい。
塩ラーメン並。黄金色のスープと、キレイに揃えられた麺をバックに、メンマ、小口切りネギ、チャーシュー、針生姜、海苔。どれが欠けても成しえない、美しいビジュアル。崩してしまうのがもったいない思いをグッとこらえて、店主殿の毎度のお心遣いに感謝しつつ、いただきます。
揃えられたモチモチの麺は見た目だけで美味しさが伝わると思うので何も言うまい。
この日のスープは動物系が強く、気持ちこってりしたもの。濃厚なヤツの方が小生は好きなのだが、やはりより麺の美味しさを味わうにはこのくらいの濃度の方が良いのかもしれない。いずれにせよ、繊細で美味なことは間違いない。
ところでこのチャーシュー、おつまみやつけ麺の細切れで食べるのと食感はもちろんのこと、お味の方も全く異なるものに感じるのは小生だけだろうか。
もちろん、同じもの、同じ部位を使っているのはこの目で見ているため錯覚であるのは間違いないのだが、どうしても細切れにしない大判のものの方が美味しく感じるから不思議である。
と、いうわけでこの日も完飲完食。腹パンになって店を出ると雨は止んで晴れ間が見えていた。せっかくの平日休みだが、飲みには行かずに帰ってゆっくり療養することにしよう。
あー今日もうまかった。
ごちそうさまでした!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です