やきとんBoo

とある事情で立ち尽くす登戸。優れない気分を漱ぐためには飲むしかあるまい。しかし、ここ登戸は酒飲みにとっては「不毛の地」。同じ南武線の乗換駅である武蔵小杉や溝の口とは比べるべくもないほど、飲み屋の選択肢は少ない。

そんな中で、気になっていたこちらのお店。これまでも何度か覗いてみたのだがいつも繁盛していてなかなか入れなかった。この日はカウンターに余裕があるのが見えたので、念願の入店となった。
まずは赤星をオーダー。中瓶なので、スタートにはちょうどよい分量である。
ちょうど飲み終えた頃におかずが到着。焼き物は(右から)カシラ、シロ。テッポー、レバを塩で。焼き物にはうるさい小生だが、これは・・・いずれも絶品。ネタ自体は小ぶりなのだが、それぞれ酒飲みが好きそうな焼き具合で揃えられており、咀嚼するたびに笑顔になってしまう。
ドリンクのお代わりはホッピー黒を。ジョッキでの提供だが思ったより中の量は多くて、外1で中は余裕で3ついけた。料金も含めて、なかなか良心的といえるだろう。
もっとも感服したのが、追加で頼んだこの「ればねぎにんにく」である。昨今の不毛な規制によりなかなかウマいレバが食べられなくなって残念なことこの上ないのだが、こちらのレバーは提供可能なギリギリの焼き具合で供されており、それだけでテンションが上がる。くわえて、トッピング。ニンニクで和えられた大量のネギがまた半生に近いレバーにこれまたよく合うのだ。むしろ、このネギだけで十分飲める。
なんとなく入ったお店だが、こともつ焼きに関してはなかなかイケてる部類。ドリンクのお値段も申し分なく、ちょっと飲んでいくにはよい店である。これは、溝の口やら武蔵小杉の訪問頻度が減りそうかな?
ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です