ラーメン二郎 中山駅前店 ~小ラーメン+ネギ塩ワカメ~

週明けのこの日は朝から非乳化二郎がたべたい気分。
そうなると中山か上野毛なのだが、また限定トッピングの「ねぎ塩ワカメ」をやっているとのことなので前者に決定。

nk18102201


スポンサーリンク


退社間際にもらい事故的な依頼を受け、いつもより30分ほど遅い時間の到着だったが、中待ちが1という幸運。
当然すぐに着席でき、次ロットにも間に合ったため到着後8分ほどで着丼。
(おそらく、最短記録更新w)
nk18102203
小ラーメン少な目+生たまご、コールは「ワカメ」。
少な目でも堂々としたビジュアルで、後から見返しても実に美味しそうだ。
nk18102204
トッピングの「ねぎ塩ワカメ」はワカメとネギ(と白ゴマ)が塩とラー油で和えられたもの。
磯の香りとシャキッとした食感が二郎の各具材とよく合う。
特に、非乳化スープを吸ったヤサイとは最高の相性だと思う。
nk18102205
お目当てのスープはコクたっぷりで期待を裏切らない出来。
ワカメの影響からかいつもよりややコッテリしたテイストに感じたが、寒くなってきたこともあって一層美味しく感じた。
nk18102206
こちらの特徴でもある細く短い麺はこちらも高値安定。
硬すぎず柔らかすぎずの絶妙な茹で加減で、しっかりとした歯ごたえ。
店主の麺上げによる加減は、非の打ちどころがない素晴らしさである。
nk18102207
ブタは脂身が多めなものと、赤身のしっとりとした部分が1枚ずつ。
前者はネットリとした脂身の食感が強調されていて少ししつこさを感じたが、食べるペースを阻害するものではない。
それにしてもこちらのお店、豚のバリエーションというか仕上がりが豊富。
その都度異なる部位が出てくるのはけっこう楽しいものだ。
nk18102208
終盤にすき焼き風を楽しんでフィニッシュ。
標準的な二郎というもの存在しない、というのはジロリアンの中では常識だが、個人的にオーソドックスというか基準になりつつある中山のラーメン。
「毎日でも食べたい(食べられる)二郎」というアンケートがあったら、小生は間違いなく中山に1票を投じることだろうw

ごちそうさまでした!

 にほんブログ村 グルメブログ ラーメン二郎・二郎インスパイア系へ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です