自家製中華そば としおか ~塩ラーメン(小)2~

土曜に訪問することの多いこちらのお店。
以前であれば1時間ほどの待ちで済んだのが、ここ数か月ほどは2~3時間待つのが常となってしまっている。
お店が繁盛するのは嬉しい限りなのだが、個人的にちょっと許容しがたい長さであることも事実である。
平日はまだマシだと思われるので、代休を取得したこの日に早速開店を狙って訪問することにした。


スポンサーリンク


t18092101

小雨降る中向かうと開店1時間前で待ちはわずかに2人。

入口のシェードの下で待つことができるこの位置は傘を持ちながら待つストレスからも解放され、なおかつファーストロット確定という絶好のポジションである。
t18092102
11時の定刻より5分ほど早く開店。
まずは恒例、世界一の1杯からスタート。
涼しいを通り越し、肌寒い気温であったがキンキンに凍ったグラスで一気に呷ると、行列の疲れなどどこへやら・・・
というのがいつもの感想だが、今秋はじめて長袖を着用したほどの寒さであったためさすがに凍えてしまったw
t18092103
そんな体感であったので、ほんのりと暖かさを保った出来立てのメンマが美味しいことこの上ない。
開店時にのみ楽しめるこの状態、久しぶりに味わったがやはり格別である。
t18092104
塩ラーメン(小)+のり。
食券を渡す直前まで新・塩とどちらにするか迷ったが、結局ノーマルの塩をオーダー。
絶品メンマに香り高い海苔、タップリの刻みネギと針生姜。
丼一面に配された具材はどれもがハイレベルで、単なる脇役では決してない。
箸を入れるのが躊躇われるほどの美しさにウットリしながら、いただきます。
お心遣い、ありがとうございます。
t18092105
動物系と魚介系の出汁が良く効いた黄金色に輝くスープはこれ単品でも十分に美味しい逸品。
最初に数口いただくのがお行儀だと心得ているが、この段階でレンゲが止まらなくなるのだから困ったものだ。
この日は気持ち薄めに感じたが、許容の範囲内であり全く問題はない。
t18092106
ツルモチの麺は相変わらずの歯ごたえと香りの高さ。
見た目的にも美しく、上品なお味のこの麺をワシワシとかっ食らうのは最高のひとときである。
スープとの相性良く、それでいて支配されることなくしっかりと「麺の味」が楽しめるのが素晴らしいの一言に尽きる。
t18092107
チャーシューは大振りのものが1枚と、必要にして十分な量。
個人的にはおつまみやつけ麺のように細切れになったものよりもこの大きさのものにかぶりついて食べるのが好みである。
この日はノリに巻いて食べてみたのだが、また新たな楽しみを発見してしまったようだw
t18092108
血圧や中性脂肪の心配は、食べている最中には忘却の彼方に。
気が付くと、完飲完食。
罪悪感はない。
むしろ、スープを残した方が後悔に苛まれることだろう。
と、自身を正当化するダメ中年であった。
ごちそうさまでした!

 

  にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です