自家製中華そば としおか ~つけ麺(並)3~

土曜のブランチはとしおかさん。
残暑の厳しい中、すっかり定番のルートとなった牛込柳町の駅から外苑西通りをお店にむかうとすでに折り返しに達しようかという行列。
 
前回もそうであったが、土曜の開店待ちは想像を絶する過酷さになっているようだ。


スポンサーリンク


t18090801

この時点でまだ開店まで2時間以上ある。

 
以前であれば確実に初回入店可能であった時間帯でもそれが無理となれば、さすがに以降の立ち回りを再考する必要がありそうだ。
t18090802
定刻より早めに開店してくれるのは嬉しい配慮だが、当然ながらその恩恵には与れない。
入店できたのはそれからさらに40分後、4回目のロットであった。
t18090803
ビルの陰ということもあって盛夏の頃よりは楽だったものの、それでも気温が30℃近い蒸し暑さ。
 
行列で耐えた後のスーパードライはまさに至高の美味しさであることは言うまでもない。
ちなみに、おつまみが提供されるまでに大半を飲んでしまったため、写真はほとんど空の状態であるw
t18090804
当初は新塩ラーメンを食べる予定だったのだが、そんな気温だったため券売機前でつけ麺(並)に変更。
 
なんだかつけ汁の刻み葱がいつもより多くみえるのは気のせいだろうか。
店主殿のお心遣いに感謝しつつ、いただきます。
t18090805
ツルツルとシコシコの両方を兼ね備える麺は生卵を絡めるととってもセクシーなのど越し。
最初だけ(のつもりで)つけ汁を使わずに味わうのだが、美味しすぎて大半を食べてしまうところまでがお約束。
 
この日は辛味を頼んでいたこともあって自重したのだが、ブラックペッパーをかけるとより官能的な刺激が加わるのでおすすめだ。
t18090806
つけ汁にはチャーシューとメンマがたっぷり入っているので、麺がなくとも十分楽しめる仕様(?)である。
この日は特に濃縮された鶏ガラの出汁が美味しく、バテぎみの胃袋に沁みていくのがとても心地よい。
t18090807
麺を食べ終え残りの具材を堪能していたところ、辛味の大半を残していたことに気が付いたのであわててつけ汁に投入。
エビの香り、唐辛子の刺激と甘目のつけ汁は相性バッチリ。
スープ割してもおいしそうだが、小生はそのままの濃度のままいただくのが好みである。
t18090808
とはいえ、少々投入した辛味が多すぎたようだw
カプサイシンの効果で汗だくになりながらフィニッシュ。
月並みながら、この日も抜群に美味しかった。
次回こそは(涼しくなっている思われるので)、ラーメンを食べることにしよう。

 

ごちそうさまでした。

 

 にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です