ラーメン二郎 中山駅前店 ~つけ麺(少な目)~

収まる気配のない猛暑。
外出するのが危険なレベルなためおとなしく家で食事を摂ればよいのだが、数日経るとどうしても食べたくなるのがジロリアンの悲しき性である。
とはいえ、暑い(熱い)のが苦手な小生。
この時期はあまり汗をかかなくて済む「駅近」かつ「夏向メニュー提供」という2点を満たしたお店がどうしても贔屓となるのだ。


スポンサーリンク


nk18073101

そんなわけでこの日も中山へ。

もちろんオーダーはつけ麺(少な目)。コールはアブラと麺にカラメ。
この日は思うところあって生卵もオーダーしてみた。
nk18073102
この日のつけ汁はごま油が強め。
辛さと酸味が控えめというわけではないので、いつものテイストにごま油の香ばしさがプラスされた格好で非常に美味しい。
こちらのお店の特徴であるスープのスッキリした後味とは真逆なのだが、たまにはこういったタイプも悪くない。
nk18073103
ここのところ高値安定の麺は相変わらず食べやすい。
麺を締める助手氏も慣れてきたようで、水っぽさは感じず。
カラメで足してもらった醤油が薄まることなく楽しめるのが良い。
nk18073104
この日はトッピングの脂と生卵を麺丼に乗せて、セルフ脂そばっぽく食べてみることにした。
麺にカラメで食べる麺と芳醇な背脂に加え、濃厚さを増す生卵。
小生お気に入りの各要素が一緒になってダメわけがなく、結果、想像通りというべきか驚きのない美味しさであった。
麺の大半がつけ汁を利用することなく消費されてしまったのが想定外だったが・・・
nk18073105
ややパサ気味のブタ。
充分な食べごたえなのだが、繊維質な部位だったためかひっかかるような歯ごたえだったのが気になった。
単なるめぐり合わせだとは思うが、以前のしっとりしたタイプとは最近出会えていないのが残念である。
nk18073106
前述のとおり配分をミスり、つけ汁を使わずに麺の大半を食べてしまうとう失態を犯してしまった今回。
最後につけ汁を味わっていると、存外の美味しさにちょっと後悔するに至った。
ブタとヤサイでもつけ汁は十分美味しいのだが、やはり麺と一緒に食べてこその料理である。
次回は麺量を減らすことなくバランスを意識しつつ、存分に堪能できる食べ方を心がけたい。

ごちそうさまでした!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です