ラーメン二郎 相模大野店 ~小つけ麺豚入り~

3月初めの週末。
月初ということもあって忙しいことを想定していたのだが、思いのほか早く仕事が片付いたとあっては麺活しかあるまい。
ちょうど町田にヤボ用があったため、この日のターゲットは迷うことなくスモジに決定した。


スポンサーリンク


smj18030201
到着時には店内空席1という最高のタイミング。
券売機では小ラーメンとつけ麺、さらには灰色の食券にまだ売り切れランプが付いていないことを確認してこれも購入した。
これは『本日はブタ増しには[玉ねぎしょうがゴマ油味塩こしょう]ぶっかけサービス致します!』という食券。だそうで、通常のブタ入りにいろいろな薬味をぶっかけてくれるサービス。
食券提出後、すぐさま助手氏が売り切れにしていたのでどうやら小生がラストだったようだ。
smj18030202
上述の通り絶好のタイミングだったためさほど待たずに提供されたつけ麺。
コールは「そのまま」でお願いした。
smj18030203
丼に余裕があるため見た目は少なそうだが、実は結構多めな量なので注意が必要である。
いつも腹パンになることを考えると小生としては少なめ食券くらいでちょうど良いのだろうが、(値段が同じということもあって)ついつい通常の小を購入してしまうのだ。
smj18030204
にも関わらず、ブタ入りなんぞ頼んでしまったものだからこの日は食べ始める前から苦戦することが決定していたと言っても過言ではない(笑)
スモジのブタ入りは前店舗時代の千秋楽営業の時に1度か2度頼んだことがあったが、その時は100円増しで量も2枚が5枚に増える程度だったが、現在では250円増し。
ということは増量幅もハンパなく、通常の4倍はあろうかという多さである。
見た目に圧倒されては敗北するのは必定なので、ブタの塊からガツガツと食べすすめていくことにした。

そのまま食べても美味しいスモジのブタだが、限定サービスである「ぶっかけ」と合わせることでこれまた良い塩梅になる。
特に、生姜と玉ねぎの爽やかさは抜群の相性。ブタにもスープにも良く合っていて、箸が進むこと請け合いた。
ただ、ごま油については、ブタはおろかスープの後味までも大きく変化させてしまうため、好みが分かれるところであろう。
smj18030205
安定の乳化スープはさすがの一言。
個人的に、ブタのダシと醤油の塩辛さのバランスに関しては二郎随一だと思う。
脂の量は多めな印象だがクドくはなく、つけ汁として使用する分にはさほど気にはならない。
smj18030206
予想通り最後はブタに苦戦したものの、制限時間(2ロット)内になんとか完食。
ブタ入りが250円になってからは初めてオーダーしたが小生にはちょっと多いので、次回以降オーダーする時には麺を少なめにすることが必須である。
両隣からは、カレーの良い香り。
そういえば、「グッチーズカレー」も未食なので次回はこれを試してみようか。
(と思ったら、訪問翌日に今季終了間近のお知らせが・・・(涙))
ごちそうさまでした。

 にほんブログ村 グルメブログ ラーメン二郎・二郎インスパイア系へ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です