ラーメン二郎 中山駅前店

「年越寒波」なるものの影響か、グッと冷え込みの厳しい日の続く年末。
温まるためには熱燗に鍋・・・なんてのが理想なのだが、しがない社内ニートにはそんな余裕があろうはずもない。
ここは大人しく(?)二郎さんのお世話になるとしよう。
nk17122701


スポンサーリンク


年末進行で慌ただしい社内を定時のゴングと同時に脱出し、向かった先は中山。
開店時刻の15分後くらいの到着だったが、年末の影響か外待ち15となかなかの行列。
この時間は比較的待たずに食べられることが多かったため少し意外であった。

最も、猛者(ヴェテラン)の多いこちらのお店。
行列の進みは早く20分ほどで店内へ。さらに10分ほどで対麺と他店では考えられないほどのスピードでラーメンにありつけた。
nk17122703
オーダーは小ラーメン(少なめ)トッピングは期間限定サービスの「ネギ塩ワカメ」をお願いいした。
多めのヤサイに黒みを帯びたワカメが映える美しいビジュアルは見た目だけでも美味しそうである。
nk17122704
まずはスープを一口。
非乳化でスープが特徴の中山だが、この日は液体油が多めで濃厚な口当たり。
スッキリしたものを想定していたためややビックリしたものの、ブタの出汁はしっかりと聞いており悪くないお味だ。
いや、むしろ寒い時期にはこちらの方が良いかもしれない。
nk17122705
二郎としては細目にカテゴライズされるこの麺。
麺はいつもより柔らかめに感じたのは、夏以降「汁なし」や「つけ麺」を食べる機会が多かったためだろうか。
いずれにしても、オーションの甘みが存分に楽しめる素敵な出来である。最高。
nk17122706
脇に鎮座するのはワカメ。
ほのかに香る磯の香りとネギの微かな辛さはそのまま食べるとあまり面白くないのだが、麺、ヤサイ、ブタといった他の具材と合わせて食べると途端にその存在感を発揮した。
特に、スープに浸したヤサイと一緒に食べるのが気に入った。
nk17122707
ブタは大ぶりのものが2枚に崩したものがたっぷりと。
サシの入り、炊き具合、味付けと文句のない出来に思わずニンマリ。
先日の西台も良かったが、中山のブタも甲乙つけ難いほどに美味しい。
nk17122708
相変わらず文句のつけようのない1杯。
立地や雰囲気も合わせて、やっぱり中山店が大好きだと再認識した1杯。
ごちそうさまでした!
来年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 グルメブログ ラーメン二郎・二郎インスパイア系へ
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です