宇ち多゛

月に1度のお楽しみである朝酒に立石へ。
u17120901

季節はすっかり冬となり、傍から見れば酒を飲むために行列するなんてのは常軌を逸していると思えるような寒さである。

だがそんな時こそ狙い目。帽子と手袋それに使い捨てカイロといった防寒道具を装備し、喜んで中年は「酔狂」となるのだ。
u17120902
目論見通り、この日は先輩方の出足も鈍くいつもより遅い時間であっても余裕で口開けに間に合った。
まずはマスターに注いでいただく梅割り。
辛めでお願いしたためほとんど生の寶だが、キレを楽しむには香り付け程度で十分。
ひんやりとした気候も相まって、非常に美味しくいただけるのだ。
u17120903
スターターはホネ。
「東京五大煮込み」と呼ばれているだけあってその美味しさは折り紙つきだが、ホネが加わるとさらに豪華である。
これがツーコインで食べられるなんて、よく考えたら凄いことではないだろうか。
u17120904

焼物はカシラタレから。
ややレアな内部を甘めのタレで食べるのが最近のお気に入りである。
u17120905
続いてハツ辛塩。
プリプリした食感とほどよい脂のノリは、個人的に「これぞモツ!」と言いたくなるお味である。
u17120906
箸休めはやはりダイコン。
醤油ダレもお酢はかけず、七味だけでいただくのがお気に入り。
寒くなって来ると大根の甘さが際立ってきてさらに美味となる。
u17120907
締めはシロタレ。
問答無用、説明不要の美味しさ。
やっぱり好きだなあと、改めて実感。
u17120908
この日は体調も居心地もよく、いつもより多めの4杯5皿でお勘定。
時刻はまだ昼前。天気も良いので酔いざましがてら、この日追加された新ポケモンでも捕まえにいくことにしよう。
ごちそうさまでした。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です