まるます家

久しぶりにやってきた赤羽。
目当ては某有名店でおでんをつまみつつ赤羽の名酒「丸眞正宗」を1杯・・・だったのだが、店先に向かうと、アーケードを超え赤羽小学校まで届こうかという見たことのない大行列!
寒風吹きすさぶ中さすがにこれは待てないので撤収。
mrm17112301
となれば当然、すぐ近くのまるます家さんへ。
こちらも10人ほどが列を成していたが経験上さほど待たずに入れそうな人数であるので無問題。
mrm17112302
先頭の4人、続く6人、小生の後ろに並んだ4人と、すべて男女半々グループに挟まれ待つこと20分ほどで入店。
まずは当初のお目当てだった「丸眞正宗」を熱燗で。
「つけるのにちょっと時間かかるよ」と断られた割には、ぬる燗よりもさらに冷たい・・・こちらのお店は酎ハイやらビールがオーダーの主と見受けられるためお酒は脇役なのかもしれない。
mrm17112303
カブト焼きがまだあるとのことなのですかさずオーダー。
小生に釣られて隣とその隣のおっちゃんもオーダーしていたのだがどうやらヤマとなったらしく、最後は1串ずつ提供されていた。
それでも文句も言わずお店のお姉さんの差配に黙って従う先輩たち。これぞ紳士、これぞ酒飲みのあるべき姿である。
mrm17112304
徳利が開いたので熱燗をおかわり。
またもや「つけるのにちょっと時間かかるよ」と念を押された割には、冷たい・・・こちらのお店は酎ハ(略
mrm17112305
この日のメインディッシュは「生カキフライ」。
「生」という標記はおそらく生ガキ、ということなのだろう。当然、中がレアということではないw
ファミレスや惣菜店で売っているカキフライとは異なり、子供の拳と同じくらいの大きさのものが3つ。
大ぶりだが決して大味ということはなく、肉厚なカキから溢れる滋味はまさしく絶品である。
1人で楽しむのにはちょっとお高い(800円)メニューだが、その価値は十分にあるといえよう。

長っ尻は無粋。
まだまだ待っているお客さんがいるのでここいらで切り上げることにしよう。

店を出て再度某有名店を覗くと行列が解消する気配がないのでこの日は断念することにした。
アーケードを駅に向かうと、まだ明るいというのにどこのお店も結構な賑わいである。
どうやらしばらく来ないうちにずいぶんとツーリスティックな街になってしまった感のある赤羽(の1番街)。
以前のような俗物的というか退廃的な雰囲気が好きだった身からすると、ちょっとした寂しさを感じてみたり。
ごちそうさまでした

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です