自家製中華そば としおか

週末のランチは弁天町へ。
一時期は行列も控え目になっていたような気がしていたのだが、ここ数回は続けて小一時間待つことが続いていたのでこの日も警戒して暇潰しの道具を複数準備。
満を持してお店へと向かう。
到着時に待ちは15人ほど。お昼時をちょっとズラしての訪問であったが、夏休みに突入したお客さんが多いのだろうか。30℃を超える気温を考えると結構な人数である。
ts17080501
覚悟はしていたので当然のように行列に接続し待機を開始したのだが、この日はどういうわけだがまったく進まない!
持っていたマンガの単行本が読み終わるまでの約40分で、3人しか進んでいないという異常な事態である。
もちろん、続々とお客さんはやってくるので、ピーク時には折り返した上で店前のパーキングメーターまで、30人近い待ちとなっていた。
上述のとおりこの日はかなり蒸し暑く、ただ立っているだけでもキツイ陽気であったため何度かリタイヤすることも頭を過ったが、スーパードライを頭の中で思い浮かべつつ何とか耐える。

しばらくすると高校生らしき若者が数人まとめて出てきてそこからは順調に進むようになった。
皆苦しそうな表情だったので、まあそういうことなのだろう。
ts17080502
都合、1時間40分ほど待って入店。
行列に耐え、朦朧としながら夢見たスーパードライは、文字通り世界一であったことは言うまでもない。
冷えたグラスで一気に飲みほしてしまった。
ts17080503
いつも通り山盛りなおつまみ。チャーシューはいつもより薄味であったが、メンマはいつも通りのハイレベル。
チビチビたべるのではなく、たっぷりと頬張って食べるのが吉。
ts17080507
メインは「冷やし油そば(並)」。トッピングは「生卵+のり」。
上述の通りだいぶアツさにヤラれていたので、冷たいコイツをお願いした。
ニンニク油の香りと謎めいた美しいビジュアルは、減退していた食欲を増進させるに不足なし。
店主殿のご対応とお心遣いに感謝しつつ、いただきます。
ts17080505
こちらの特徴であるなめっこい麺の下を覗くと、味噌ダレと共に細切れのチャーシューともやし、それにネギやショウガといった具材が隠れている。
これらをセルフで混ぜながら食べていくのだが、個人的にはあまり混ぜずに食べ進めることで味の変化を楽しむのが好みである。
ただ、最後の方はかなり味噌ダレが濃くなってしまうので、スープ割やら生卵を使ってマイルドにした方が食べやすそうだ。
ts17080506
とはいえ、この日は大量の汗をかいた後だったため濃すぎる塩分がちょうど良かったのだろうか。
一心不乱に食べ続けた結果、気が付くと味噌ダレも含めて完飲完食してしまった。
暑い中耐えた後のというスパイスもあってか、冷たいメニューが特に美味しかったと記しておこう。
ごちそうさまでした。

ts17080507
8/12(土)~ 8/17(木)夏休みだそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です