宇ち多゛

猛暑日までは至らずとも、30℃を超える日々が続く8月の関東地方。
夏バテの回避とリフレッシュのためにはやはり飲むしかあるまい。
週末土曜日。例によって朝も早くから酒都へと向かった。
u17080501
いつもより1本遅い電車で到着すると、すでに線路沿いの待機場所にはすでに大勢の先輩方が。
聞けばすでに裏の人数は定員を超えているとのことなのであわてて表の最後尾へ。何とかギリギリ口開けには間に合う位置であることを確認しホッと一息。
それにしても夏休みの影響だろうか。かつてないほど早い人の動きに少々ビックリである。
u17080502
いつもどおりマスターに注いでいただく梅割りからスタート。
最初の一口をグラスから直接啜ると、寶のアルコールが胃袋に染み渡っていくのが良くわかる。
ましては、朝からこちらに来る予定の前日は休肝日としていることもあるのでなおさらキクのだ。
u17080503
おかずはホネから。
順番的に間に合わないことを覚悟していたものの、意外にもありつけたためお願いした。
この日のホネは特に柔らかく食べやすかったのを思い出す。
他にもアブラやシロなど小生の好みの部位が多く、大満足の一皿であった。
u17080504
ホネ!
u17080505
焼き物はハツ塩・・・を頼んだら無情にも目前でヤマ。
代替は(名前も似ている)ガツ塩をお願いした。
ナンコツほどではないものの、こちらもゴリゴリした食感が特徴の部位。
クセのない味なので塩や素焼きで食べると素材の良さが存分に味わえる。
殊に、七味との相性も抜群だ。
u17080506
続いて個人的マストアイテムのシロタレ。
大ぶりで柔らかいシロに、タレの甘さがベストマッチ。少々焦げたエッジの苦さがいい味出している。
他店のシロでは感じることのある臭みやエグみを全く感じないことからも、その新鮮さや仕込みの丁寧さが良く解る。

エアコンが効いているものの、やはり暑い中だと飲む意欲もいつもより上がらないのだろうか。
この日はいつもより少なめ3皿+3杯でお勘定。
酔い加減もいつもより控え目だが、熱中症にならないようしっかり水分補給をしてから次へ向かうことにしよう。

ごちそうさまでした。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です