ラーメン二郎 池袋東口店

久しぶりの曇天となった日曜。知人と取引を行うために午前中に池袋へ向かった。
用事自体はものの5分とかからずに終了し、時計を見るとまだ11時前である。

いつもであれば、近隣の遍く酒場へ意気揚揚と突撃するのであるが、ここのところどうも胃の調子が悪く数日にわたって飲酒を控えていた小生。
そんなわけでお酒を飲む気分ではなかったため、少し早いがランチを摂ることにしよう。
ikb17072307
駅から歩くこと5分ほどで到着した池袋二郎。その立地の優位性からか、いつも結構な行列で有名なお店である。
この日も開店時には20人以上が列を成しており、後方のお客さんが1ターンで入りきれないほど。
幸いにして、小生はギリギリ店内に着席できる順番であった。
ポツポツと冷たいものが落ち始めていたため、これはラッキーである。
ikb17072302
オーダーしたのは、期間限定の「つけ麺」。
当然ながら配膳は2ロット目、しかもつけ麺は最後に提供されるため、着席後20分以上を要しての対麺である。

トッピングは「ヤサイとニンニク少し」。
店員氏から「ヤサイも少し?」と聞かれたので「ヤサイ多めで、ニンニクは少し」と言い直し、目当てのトッピングとなった。
ikb17072303
麺丼にはシャキシャキのヤサイがどっさり。どうやらヤサイコールした場合にはこの状態となるようだ。
つけ汁に入っているデフォルトのヤサイの3倍はあろうかという量に一瞬たじろぐ。
経験上、ヤサイは終盤に残っても食べ切れないということは少ないので、後回しにして麺をほじくり出す。
ikb17072304
前回その出来に感動した麺だが、つけ麺にしてもその美味しさは健在だった。
水で締められているため、うどんのようなコシとモッチリさがより強調されており、歯ごたえのある食感がたまらない。
二郎っぽさという点ではやや劣るものの、これはこれで好みである。
ikb17072305
さて、問題はつけ汁である。初めにレンゲで一口啜ってみたところ明らかに薄い。
「そういえば、提供時によく混ぜるよう言われたっけ」と、撹拌して再度啜ってみたもののやはり同じである。
出来が悪いスープのことを「カネシのお湯割り」などと揶揄されるのを何度か見たことがあるが、まさにそれ。
これまで何度か池袋のつけ麺は食べたことがあったが、ここまでのものに遭遇したことはなかった。
ブレなのか、アクシデントなのかは不明だが、つけ汁に関しては申し訳ないが酷評させていただく。
ikb17072306
予想通り(?)大量に残ったヤサイに苦戦するものの、卓上醤油を駆使して何とか完食。
総じて、今回は残念な一品であったが、次回訪問時には美味しく食べたいものである。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です