蓮爾 新町一丁目店

【テスト投稿】

定期的に食べたくなる極太麺。仕事を早く切り上げて登戸の蓮爾へ・・・と思ったら、この日は滅多にない臨休日だった。
頭の中で代替店をサーチするものの、すでに極太麺モードになっている小生の頭の中はあそこしか有り得ない。溝の口で田園都市線に乗り換えて、桜新町へゴー。
相変わらず案内も看板もない店頭。目の前でオッサン四人組が入店するのが見えたので待ちを覚悟したが、彼らが全員座っても空席あり。登戸と違って空いているからこちらのお店は使いやすい。
オーダーは前回と同じくたまつけ。トッピングはアブラのみお願いした。
さて、つけ汁はこのビジュアルである。小生の拙い撮影技術ではうまく伝えられないのがもどかしいのだが、かなり量はは少ない。だが、その分濃いめのスープと魚粉、唐辛子、そして玉ねぎが絶妙かつ濃厚に絡み合って見事なコラボレーションを成している。正直、感動した。
こちはらヤサイとアブラが乗った麺丼。前回来た時も思ったのだが、このお店のアブラは、なんか胡桃に似たミルキーなお味で非常に美味しい。麺にたどり着くまでにアブラだけ食い尽くしてしまった。次回からは「多め」でお願いしてみようか。
この日の麺はいつもよりもっちり感の低めで細めな麺。量もいつもより少なかったような気がするが、食べ終わる頃には満腹になっていたので小生にとってはちょうどいい量なのだろう。
「うめーうめー」と心の中で絶叫しながら、10分ほどで完食。もっと訪問頻度を増やさなきゃな。と、心に誓った月曜日であった。
ごちそうさまでした!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です