伊勢周

都営新宿線の船堀駅から徒歩15分ほどの住宅街にあるお店。
以前からそのお店の芳名は耳にしていたが、意外や親類宅から近いことが判明。
これ幸いと、遊びに行った際の夕飯がてら訪問してみた次第である。
image
16時の開店より少し過ぎたタイミングでの入店。入口側の大きなコの字カウンターはすでに常連のお客さんで大半が埋まっていた。
奥には座敷席もあり、子連れのグループで訪問した我々はこちらへ案内された。
image
まずは生ビールで乾杯。気温が30度を超える中、少々運動をした後であったため二口ほどで飲みほしてしまった。
image
間髪いれずに注文した焼酎ハイボール。こちら(東京東部)では単に「ボール」といった方が通りが良いか。
氷なし、炭酸強めの王道スタイル。ただし、飲みやすくともこれが結構強烈なので注意が必要だ。
image
煮込み。具はモツと蒟蒻であっさりとした味付け。添えられたネギと糸唐辛子もよいアクセントとなりこれは美味。
image
マグロブツ。赤味とトロが入り交ざりとても美味しそう・・・だったのだがお手洗いに行っている最中に愚息に全て平らげられてしまった。
曰く「すごいおししかった(ニッコリ)」とのこと(涙)。
image
気を取り直して、ガツ刺し。軽く茹でられいるためか、表面にやや色がついているのが特徴。
ワサビとごま油で食べるスタイルも新鮮だった。もちろんお味の方は文句なし。

image
厚揚げ。木綿豆腐ベースのもので見た目以上に食べ応えがある。
image
焼き物はカシラとレバを塩で。思ったよりも大ぶりだがもちろん串からは外さずにいただく。
レモンが添えられているのは珍しい。
image
ホッピーをお願いしたところ、すでにジョッキに注がれた状態でやってきた。
(提供過程を見ていないため不明だが、多分生ホッピーではないと思われる。)
三冷スタイルで作られているためであろう。よく冷えていてとても美味しい。
以前伺ったこちらのお店https://onmitsukodo.net/archives/1712654.htmlに勝るともおとらないホッピーである。
image
締めにソース焼きそば。キャベツ多めの濃い味付けは食事としても酒肴としても活躍する一品。
となると、子供たちからの魔の手は止まらず、二口ほどしか小生の口には入らなかった。

噂に違わぬメニューの豊富さと美味しさであったが、何より印象的だったのは子供ウェルカムなそのホスピタリティである。
予め録画してあったアニメを店主自ら座敷のモニターに映してくれたり、また常連の方々がお菓子をくれたりと至れりつくせり。
まったく気兼ねすることなく楽しいひと時を過ごさせていただいたことに対しては感謝しかない。

大満足で退店。また、必ず訪問させていただきます。
ごちそうさまでした!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です