宇ち多゛

u17051301

週末土曜日の朝。家人に外出許可を得てやってきたのは京成立石である。

駅から降り立つとちょうど雨が降り出したところだった。傘を広げつつ仲見世の入り口を覗くと思ったよりお客さんの集まりは少なく、口開けには余裕で間に合いそうなのでひとまず安心である。
u17051303
何はともあれまずは梅割りから。マスターに注いでいただいた、いつもより甘めな寶をグラスから直接啜るのが、スタートの儀式である。
u17051304
この日は早い到着だったのでホネに間に合った。良く煮込まれた顎周りのお肉はボリューム満点で、これだけで数杯飲めてしまいそうである。
土曜だからか、汁の濃度も濃かった印象で非常に美味しかった。
u17051306
初めの焼き物は「ハツ塩」。以前は土曜のもう少し遅い時間でもありつけたが最近は品切れが早いようなので最初に注文。
プリプリした食感が残る焼き方、お肉の旨味を最高に引き立たせる塩加減ともに完璧でもはや言うことはない。
u17051305
いつもの「ダイコンかけないで」。冬場の青い部分は見えなくなったが、浸かり方は夏場の方がよい。
ダイコンのほのかな苦みと糠の香りがサッパリと、モツの脂とアルコールを中和してくれる(ような気がする)。
u17051307
締めは趣向を変えて「アブラ少ないとこ素焼きお酢」。カシラにしようかとも思ったのだが、なんとなくコッテリしたものを食べたかったのでこちらを。
アブラ、とはいえカシラに近い部位であるため。カシラ特有の肉々しさもちょっと楽しめる、偶に食べたくなる一品だ。
とはいえ、かなりネットリコッテリしているため、個人的にお酢は必須である。

この日も4皿と3杯半でお勘定。
この日も最高の朝酒、楽しませていただきました。
u17051302
ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です