ラーメン二郎 中山駅前店 ~ネギ汁なしピザ風焼きチーズ~

前日のバターの余韻冷めやらぬ中、連日の訪問となったこの日。

相変わらずの低温に加え、この日は夕方から冷たいものが落ちてきたこともあって前日よりは行列は少なめで外に15人ほど。
記念営業も3日目、お客さんも慣れてきた(?)こともあってか開店はすこぶる速く、ものの15分で入店できた。


スポンサーリンク


記念トッピングの案内ボード。
非常にわかりやすくて良いと思う。

厨房内は前日より1人少ない3人体制。
しかしながら、問題なく、むしろ前日よりもスムーズに回っていたのは店主と助手2人「阿吽の呼吸」の賜物。
3種の限定トッピングに加えて麺量や硬さなど多種多様なオーダーを卒なく捌いていくオペレーションはさすがの一言。
この3人でなくては、この人数を、このスピードで捌くことは到底不可能であろう。

小ラーメン少な目+ネギ汁なし。
トッピングはピザ(ピザ風焼きチーズ)をお願いした。

店主より受け取った丼の見目麗しさ。
ラーメンに比べて具材が多い(フライドオニオン、刻みネギ)こともありただでさえ楽しいネギ汁なしだが、、さらにトマトソースの赤とチーズの黄色が加わるとより華やかである。
なんとなく、箸をつけるのが勿体なく感じるのは小生だけであろうかw

昨日はガスの残り香が気になったチーズのコゲ部だが、この日は全く気にならず絶妙な香ばしさ。
思うに、トマトソースよりもバターの方が香りが移りやすいだけなのかもしれない。

食べてみても、看板に偽りなし。
麺と合わせ、まさに感じるのはピザの味わいである。
何度か食べているため既知のテイストではあるが、この取り合わせはやはり素晴らしく美味しい!

今回改めて思ったのが、ブラックペッパーとネギが意外といい仕事をしているということ。
前者は王道的なスパイスだが、後者もまた、食欲を刺激し食べるスピードをブーストさせる役割をこなしていたのが印象的であった。
ここから逆転の発想で、「ネギの乗ったピザ」なんてのも食べてみたくなった。
今度家で焼く際に試してみよう。

トマトやチーズと併せて食べてみたブタだが、元の(醤油の)味が強いため特段変化は感じず。
このメニューだとブタは完全に脇役となってしまうのは仕方のないところで、そのまま食べるのが吉か。

残ったフライドヤサイとフライドオニオンをサルベージしながら、迷わず完飲。
バターと比べてみると、やはりピザの方が小生は好みである。
問題は未食なトッピングが1つ、記念営業の残りは1日。
さて、どうしましょうか・・・

ごちそうさまでした!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメン二郎・二郎インスパイア系へ   にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です