ラーメン二郎 千住大橋駅前店 ~小ラーメン半分+SS~

立石にて昼酒をキメた後、京成線を乗り継いで向かったのは千住大橋。
ここと神保町店は17時までの通し営業のため、この日にのような「昼酒の締め」というニッチ極まりない要望に答えてくれる数少ない直系二郎である。


スポンサーリンク


訪問時空席が外待ちが3。
ローカルルールに則り、食券購入のため店内に入ると待機人数を超える空席が見られた。
「アレ?」と思ったつかの間。
店主に着席を促されすぐさま行列は解消。
小生もそのまま1塁側手前寄りの席に着席した。

ワンオペの店主から、まずは生卵と数日前に販売が開始されたフライドオニオンが渡される。
生卵は黄身の色が濃く、上質のものであることが一目でわかるビジュアル。
フライドオニオンは小皿にたっぷりと。
いずれも別皿で提供してくれるので、途中から味変的に楽しめるのが嬉しい配慮である。

メインは小ラーメン半分SS(SHIRU SUTE)。
コールはラー油とニンニク少し、油はエビ油。
たまにはノーマルを・・・と思いつつ、この日も気温が高めだったこと、また15時以降という時間帯限定のレアさに惹かれてしまった。

つけ麺のような見た目に反して、麺は最初からわずかな味と脂を纏っている。
これは一度ラーメンを作り、その汁を捨てる(別のお椀に移されている)という工程を経ているため。
さらには最後に回しかけられる油(ゴマとエビが選択可)によって、香りと食べやすさが加わるのが特徴的なである。

デフォルトの麺量はかなり多めでいつも撃沈を心配してしまうほど。
今回は締めということもあって半分、丼の淵に余裕があるこの麺量ならば問題なく食べきれることだろう。

とはいえ、その凶暴さは半分にしても収まるはずはない。
かなり長めに茹でられるデロ麺だが意外やコシがしっかりしており、ズルズルと啜るのに快適な柔らかさ。
ほのかに香るエビの香りで、ラー油と絡めてピリ辛で、卵につけてすき焼き風に、とそのすべての食べ方にマッチする極上麺である。

液体アブラの層が強烈な別椀のスープ。
そのまま味わうと、醤油の強烈な塩っぱさがまず舌を突き刺す。
とはいえ嫌な感じではなく(麺が薄味なこともあって)箸休め的に何口か飲むのには最適な濃度である。
小生はやらなかったが、つけ汁として使用してもこの濃度であれば十分に期待に応えてくれることだろう。

豚は小さ目のバラが2枚。
可もなく不可もなくといった具合のものだが、ラー油を纏った状態で食べられるのは貴重な存在。
花椒の香り強く香ばしいラー油はSSで食べるにはマストアイテムといえよう。

後半戦にはフライドオニオンを投入。
関内やめじろ台、中山の汁なしで使われ相性の良さが保証されているアイテムなのでこのメニューにも合わないはずはない。
途中投入なのでカリッとした食感を楽しめるのも去ることながら、その甘さが薄味の麺とマッチしてとても美味しい。
100円というお値段の価値は十分にあるだろう。

オイリーなスープが省略されたSSはまさに締めにうってつけ。
各トッピングとの相性麗しく、半量のデロ麺も丁度良い塩梅であった。
(とはいえ、この日の夕食は不要であったが・・・w)

ごちそうさまでした!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメン二郎・二郎インスパイア系へ   にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ   

 



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です