ラーメン二郎 池袋東口店

酒都でのセミナーを終え雨宿りがてら一息つきつつ、次の予定を検討していたところ、ちょうど前職の同僚からお誘いが来た。
いつもならば誰かと飲む際には(意識を失う可能性が高いので)事前の準備が必要なのだが、この日はすでにほろ酔い気分だったこともあり二つ返事で参加の返事をし、待ち合わせ場所へ向かった。

到着したるは池袋。時計を見るとちょっと早く着き過ぎたようだ。
ではどこかで1杯・・・と思ったが、小腹が空いていたこともありちょっと麺活に向かうことにした。
ik033101
やってきたのは二郎の池袋東口店。
その立地と営業時間から、以前はちょくちょく来ていたのだが、ここ数年は年に1度来るか来ないかくらいの訪問頻度となっていた。
今回は一昨年の8月以来の訪問。噂では麺が変わって美味しくなったとのことなので楽しみである。

到着時には行列なしで店内空席多数。いつも長蛇の列ができているイメージだがさすがに16時ちょっと過ぎという中途半端な時間にラーメン食べる人は少ないようだ。
食券を買っている最中に店員さんから麺量の確認があったので「小少なめ」と返事。さらに硬さの確認もあったが「普通で」とお願いした。
麺量を訪ねられるのには慣れているが、硬さを聞かれることはあまりないのでちょっとキョドってしまったのは内緒だw
ik033102
即座に麺が投入され、時間的ロスなく提供された小(少なめ)。トッピングは「そのまま」でお願いした。

麺はもちろん少なめなのだが、ヤサイもことのほか少なく寂しいビジュアルだが、「飲んだ後の中締め」兼「飲みの前の腹ごしらえ」という謎なポジションとしてはこのくらいでちょうど良いのかもしれない。
ik033103
まずはスープから。特徴でもある非乳化でアッサリ系は従来と同じもの。ブタのダシは一応感じられるが単調な感じは否めない。
ただ、すでに飲んできた胃袋にはたいへん優しくて美味しく感じたのも事実。総じて、悪くない出来と言える。
ik033105
ブタは他店と比べると薄めな厚さだが、柔らかさやサシの入り、味の染み具合など総合的にバランスがとれていて美味しい。
強いて言うならば、一般的なラーメン店のチャーシューに近いか。
ik033104
何より驚いたのはこの麺だ。食べる直前までは眉唾の心構えでいたのだが、一口食べた途端に心を入れ替えるに至った。
以前揶揄されていたパスタっぽさ(これはこれで好きだったが)は微塵も感じず、かなりハイレベルなシロモノにモデルチェンジしていたのだ。

やや太めでかつ平たい形状も他のお店ではあまり見かけないタイプで、食べやすさ、啜りやすさ共にも良好。
何より、噛むと弾力があるムチムチはしっかりと小麦の味が主張していて、文句なしに美味しい麺である。
ik033106
予想外な美味しさに箸は止まらず、5分ほどでアッサリ完食。
食わず嫌いとまでは言わないが、NS系だからという理由だけで軽視するのは愚行であると改めて感じ入った次第である。
池袋には公私両方で来ることは多い小生。これからは訪問頻度を上げることを決意したのであった。
ごちそうさまでした。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です