まるます家

【テスト投稿】

昼酒を存分に楽しむ!と、銘打ってフラフラと訪れたのはこちらのお店。既にどこかで飲んできた客は基本的にNGなのだが、今日は1人&大人しくしているので黙認してもらおう。

まずはこの店のデファクトスタンダードである「ジャン酎モヒート」。アサヒのハイリキのプレーン1ℓにライムとミントの葉が添えられたもの。特筆すべきものはないのだが、なぜかこのお店の、この雰囲気で飲むと旨いんだよなあ。

アテには「ウナギのカブト焼き」をオーダー。その名の通り、ウナギの頭部を焼いたもの。これほど価格と中身が釣り合わない品もないだろうと思われる一品。(カナラズタノムベシ)

生野菜。サッパリしたくて頼んでみたが、これといって特徴はない。だが、レタスもトマトも胡瓜も、シャキシャキの、最高の状態で供されたことは記しておく。ビネガー主体の自家製ドレッシングも美味かった。

そんなこんなで滞在時間は1時間にも満たなかったが、酒都の老舗の空気を堪能するのには十分な時間だった。

店を出て時計を見ると11時50分。まだ午前中なのにベロベロな小生に対しては早くも黄信号が点灯しつつあるのだが、もう少し、楽しむよ。

ごちそうさまでした。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です