蓮爾 登戸店

学生が春休みに入り客足が少なくなるこの時期、毎年期間限定のメニュー(汁なし/油そば)を提供しているこちらのお店。
3月も半ばに入り今か今かと知らせを待っていたのだが、ようやく来たのが「3連休の最終日にのみ『煮干し油そば』をやる」という公式ツイートである。
しがない社畜である小生。その日は年に数回ある祝日出勤にあたるため当然のことながら参戦できないことが確定。
報に接した刹那、あまりの無念さに会社のトイレでスマホを握りしめながら嗚咽を漏らしてしまったのは言うまでもない。
 
しかし、食べられないとわかると途端に食べたくなる極太麺。居ても立ってもいられなくなり退勤後一目散に登戸へ向かった。
ed5dac54
到着時は10人ほどの待ち。先月から今月にかけて、一時期は空いていて「待ちゼロ」なんて時間帯もあったのだが徐々に学生が戻ってきつつあるようだ。
(後日談だが、件の限定メニューの際には最大で100人近くが行列を成し他のお店の前まで達していたようだ。
  年を追うごとに確実にファンが増えているため、期間限定メニューをやらないのもそういった理由なのかもしれない。)
食券を買いに入店すると、新たな助手さんが指導されていた。それにしてもこちらのお店、どうしてガタイのいい店員ばかりなのだろうw

盛り付けや配膳、席への誘導など一通りの仕事を新人さんにやらせているためか、いつもより時間を要しているのは致し方ないところ。
このあたりは慣れれば出来るようになるので暖かく見守らなければなるまい。
(と、同時にこれらを卒なくこなすヒゲ助手氏は愛想はないけど凄いんだなと改めて実感。。。)
2017-03-17-20-04-46
着席後、程なくして提供されたたまつけ麺(少なめ)。トッピングはアブラとうずら。
2017-03-17-20-04-54
丼より盛り上がった麺。少なめ申告は忘れられてしまったようだが、これは御愛嬌。
2017-03-17-20-05-11
いつもより白っぽく見える麺は見た目の通りゴワゴワ感が強めで歯応えを要するもの。
どちらかというとモッチリした食感が好みの小生であるが、この日はとにかく極太麺に蹂躙されたい気分だったので、今日に限ってはこちらの方が満足度は高い。
2017-03-17-20-03-00
つけ汁にはザク切りの玉ねぎと魚粉がたっぷり。
2017-03-17-20-03-16
一口啜ると、いつもよりもブタのダシが良く出ている印象。乳化度はかなり低めで、これまで何度となく食べたメニューだが、最もスッキリしていたのではないだろうか。
2017-03-17-20-18-11
意外だったスッキリスープ。魚粉が加わっていたこともあって六厘舎系のつけ麺を彷彿とさせるようなテイストも感じたがこれも悪くない。
麺量も想定外だったが、問題なく胃袋に納めてフィニッシュ。
これで心置きなく、休日出勤に勤しむことができそうである(涙)

ごちそうさまでした。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です