かとりや 溝口店

まだ2月だというのに気温が20℃近くまで上昇したこの日。
キリがよく定時に仕事が終わったので、溝の口で1杯飲んでいくことにした。
1fb478de
相変わらず活気のある西口商店街。中でも1番人気と思われるこちらのお店へ今年初の訪問。
記録を辿ると、どうやら3カ月もご無沙汰だったようだ。
2017-02-23-18-47-50
給料日前の緊縮財政のため、いつもの赤星ではなくハイッピーをオーダー。
「レモン」と「クリア&ビター」の2つのテイストがあるが、この日は後者をチョイスした。
2017-02-23-18-45-39
突き出しのキャベツの浅漬け。焼き物が到着するまでの心強い供であり友である。
無料で提供してくれるのは嬉しい限り。
2017-02-23-18-51-06
5本縛りの焼物。まずはレバ塩を2本。炭火でしっかりと焼かれており、具材の中央までアツアツの状態で出てくる。
臭みや苦みは一切なく、新鮮な状態であることが明白である。
2017-02-23-18-52-31
カシラ2本とタン。いずれも塩で。タンはコリコリ、カシラはねっとりとした食感がたまらない。
特にカシラは、添えられた辛味噌をつけて食べるとまた一段とその濃厚な味が引き立つ。
2017-02-23-19-07-32
締めは川崎でいちばん美味しいと小生が勝手に呼んでいるつくね。こちらも塩でいただく。
粗めに刻まれた玉ねぎとミンチがブラックペッパーを触媒として最高のハーモニーを奏でる逸品。
噛むと肉汁が飛び散るプリップリな焼き具合も文句なし。
開店早々に売り切れてしまうのも納得である。

滞在30分、この日は中を2回おかわりしてお勘定。
今更ながらに気がついたのだが、業務用のハイッピーは容量が少ない(200ml)ため、中を3杯飲むと結構廻るのが早い。
次回以降は外のおかわりも視野に入れて、オーダーを組み立てることにしよう。

ごちそうさまでした。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です