ラーメン二郎 めじろ台法政大学前店

春一番が吹き荒れたこの日。八王子での客先作業を終え、いつも通り麺活に向かう。
この時点では相模大野をターゲットに横浜線に乗り込んだのだが、ふと、御無沙汰であったあの店を思い出して方針転換。
八王子みなみ野駅にて下車し、歩いて向かうことにした。

八王子南バイパスの1部が開通し短縮されたこのルートだが、それでも徒歩で30分近くは要する。
食前の運動にはちょうど良い距離だが、さすがに八王子の奥地。街灯もまばらなだだっ広い道は幾分の寂しさを禁じえない。
2017-02-17-19-11-30
到着時には店内待ちが3人ほど。食券を買っている間にちょうど連続で席が空いたので1塁側の末席に着席した。
ロットの境目にギリギリ間に合ったようで、席に着く前に助手氏から麺量を聞かれ「小つけ」をオーダー。

d6e8e5c4
その後、席について食券をカウンター上に乗せ水を汲むという一連の作業を終えて一息ついたところで、「少なめ」申告を忘れたことに気がついた。
いつもであればこの段階でお願いしても十分間に合うのだが、先述のとおり意表をつかれた格好でのオーダーとなったためすっかり失念してしまったのだった。
すでに茹で始めている様子なので後戻りはできない。まあ、ウォーキングで腹ごなしをしてきたので食えないこともないかな・・・自身に(弱々しく)言い聞かせる。
2017-02-17-19-23-20
10分ほどで最初に麺丼が、続いてつけ汁が提供された。
コールは「ニンニク少しとアブラ」。別皿の「たまご」もあわせて並べると、配置には面積を要するので撮影が大変ではある。
2017-02-17-19-23-26
柚子と蜂蜜で味付けされたつけ汁は他では味わえないシロモノ。
醤油の尖った感じはほとんど感じず爽やかさと甘さが強調されており、麺やヤサイと非常に相性が良い。

2017-02-17-19-23-11 
また、味付けされたアブラはトッピングすることによってコクと甘みが増されるので必須の組み合わせと言えよう。
2017-02-17-19-22-43
そして(懸案の)麺丼。
おやっさんから直々に供された麺は、顔を近付けなくとも小麦の香りが感じられる逸品。
冷水でしっかりと締められ、歯応え抜群な麺。ゆで加減もバッチリである。

2017-02-17-19-22-47
丼の淵よりも高い位置に突き出た頂に一瞬たじろいでしまったが、食べ始めるとそんな心配はどこへやら。
自身でも驚くほどのペースで、あれよあれよと山体が崩壊していく様はある意味滑稽ですらあった。
2017-02-17-19-28-41
トッピングのアブラと生卵に麺を加えてセルフ油そば。
なかなか合っているとは思うが、卵黄と味付けアブラの濃厚さから飽きが来るのも早く感じた。
卓上の醤油とブラックペッパーを加えるとより良かった気がする。
(もっとも、こちらのお店は「汁なし」という絶品がメニューにあるのであえてそんなことする必要もないということに食べ終えてから気がついた・・・)
2017-02-17-19-37-47
麺量が杞憂に終わるほど秀逸な出来であったこの日のつけ麺。
いつも通り、おやっさんの心地よい接客とともに楽しむとそれはもう文句なしのナンバーワンなのである。
以後は無理やりにでも理由を作り、年に数回は隠密行動を行いたいと思う小生であった。
ごちそうさまでした!!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です