ラーメン二郎 八王子野猿街道店2

日曜早朝から野猿街道店を目指す。

この日は開店時刻が午前9時に繰り上げられ、さらに前倒し営業の時間だけ「醤油髑髏」を提供するとのこと。
この営業形態であれば午前中に帰宅できる。
いつもであれば許可されない麺活目的の外出だが、前夜、上記を免罪符に恐る恐る細君に許可を申し出ると思いのほかアッサリOKを頂戴した。
気が変わってもいけないので、翌朝、まだ家人が全員寝静まっているうちに家を出る。
開店1時間半前に到着し、先客は10人ほど。
ちょうどシャッターが開けられ、券売機が解放されたタイミングであった。行列に接続し、食券を購入。
たまごはデフォルトで付く(セルフサービス)とのことなので今回は自重。代わりに、先日から提供を開始した「ねぎ」の食券をポチリ。150円。
待っている間は気温的には結構な低さであったが、店頭は日光に照射されかつほとんど無風状態であったため比較的暖かかったのは幸いだった。
定刻より10分ほど早く開店。さっそく奥のテーブルに用意された、セルフの生卵とフライドオニオンを器にいただいてスタンバイ完了。
(この他にも、タルタルソースとガリも用意されていたが、ドクロには合わなそうなので小生はパス。)
2ndロット提供されたドクロ+ねぎ。トッピングはヤサイ少なめニンニク少し。
大量のネギに覆われているため何のメニューなのかが分かりにくいが(笑)、ひとまずネギを生卵の器に避難させてから食べ始めることにする。
ちなみに、この斜め輪切りにされネギ。ごま油で和えられることによって幾分和らいでいるものの、単独で食べると結構辛めなもの。
今回はスープに浸さず避難させた上で、少量ずつ麺に絡めて食べてみたのだがこの食べ方が抜群においしい。お勧め。
いつも通り少量入っているスープ。ただ、今回はモーニング営業ということでだいぶライトな仕様となっているようだ。
いつものようなショッパさは鳴りを潜め、レンゲでそのまま飲んでもおいしさを感じることができる。
ブラックペッパーを纏う麺。はじめはプリッとした食感なのだが、食べ進むに従ってモッチリした感じも併せ持つものに変化した。
小生はいわゆる「天地返し」などせず、上部から麺を食べ進むスタイルなので、下の方の麺が時間とともにスープを吸ったということだろうか。
いずれにしてもおいしい。朝から幸せだ。
ネギやフライドオニオン、生卵といったアイテムで味変も楽しみつつ、アッサリと完食。
ドクロシリーズは大好きだが、今回の「モーニングドクロ」はそのライトなテイストゆえ食べやすさという点では御膳上等。
また提供される機会があればぜひとも食べてみたいと思う。

ごちそうさまでした!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です