自家製中華そば としおか

【テスト投稿】

午前中からはしご酒をキメた後シメ(?)に向かったのはこちらのお店。先日の失敗を踏まえて、時間調整をしてきた次第である。

13時半くらいに到着すると、待ちは15人。やはり週末は並びが収まるのが遅いようだ。

待つこと1時間弱で着席。店主殿にビールの食券を手渡すと、すぐにラーメンを作って良いか聞かれた。もちろんOK。なぜ?と不思議に思ったが、ちょうど麺投入のタイミングだったらしく、ビール提供→ラーメン完成の時間が短いことを気にしてくれたらしい。なんとも嬉しい心遣いである。多謝。

そんな心配りの細かい店主の作るラーメン(小)。美味くないはずがない。この日は海苔をお供に、店主殿のご厚意に感謝しつつ、いただきます。いつも有難うございます。

恥ずかしながら、実は普通のラーメンを食べるのは初めてな小生。一口食べてみて即座に、後悔とともに困った気分になった。

後悔はこれまでこのラーメンを食べなかったこと。「塩」がお気に入りだったので仕方ないのだが、これは甲乙つけ難い美味さだ。

そして困ったこと、というのは以後この店でのメニュー選択の幅が広がってしまったことである。塩とつけのローテーションに割り込ませなくてはいけない。いやはや贅沢な悩みである。

ツルモチの麺はもちろん正油ベースのスープにもマッチする。というか、むしろ塩よりもこちらの方が麺との相性は良いのではないだろうかとも思う。

塩と比べてスープの素材が若干分かりにくいかな?と思ったが、それでも濃厚な魚介の旨みは全く醤油に負けていない。細かな違いが堪能できるほど精細な舌を持っていないのがもどかしいのだが、少なくとも抜群に美味いことに間違いない。久しぶりの完飲完食。この日も大満足で退店。

ごちそうさまでした!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です