ラーメン二郎 新小金井街道店

立石での一人飲みを終え、次は麺活である。
この日は野猿の二郎でクリスマス仕様丸鶏スープのラーメンが提供されるとのことで当初はそちらに向かう予定だったのだが、開店3時間前にすでに予定数の半数の整理券が出てしまったとの公式ツイートが。
はるばる八王子まで行って麺切れでは立ち直れそうにないのでターゲットを切り替えることにする。
(※その後整理券は追加され、夕方以降の訪問でも間に合う程度には用意されていたようだ。)
04667be2-s
向かったのは武蔵小金井。こちらも3連休限定で「汁なし」を販売するとのこと。
同メニューはこれまでも何回か提供されているのだが、期間が短いことと告知がゲリラ的であることからなかなかありつけなかった。
今回は3日間と期間が長めな上に事前に告知されていたため、訪問計画が立てやすかったのが幸いした。
駅から歩くこと20分ほどで到着。店内を含め10人程度と思ったより待ちが少ないことににホッとするが、昼食には遅すぎ、夕飯には早い薄暮の時間帯。むしろいつもよりは多いのかも知れない。
2016-12-23-16-42-59
券売機では「ミニラーメン」と右下の「- -」のボタンをポチリ。食券にはしっかりと「-汁なし-」と印字されていた。ただし時刻印字はだいぶズレているようだ。
2016-12-23-16-59-44
さて、お目当ての「ミニラーメン汁なし」トッピングはニンニク少し。
見た目はスープが少ないのとフライドオニオンが添えられた以外、小金井のデフォルトのラーメンと大差ないように見えるが果たして・・・。
2016-12-23-16-59-48
横からのアングル。ちなみにお椀の生卵は汁なしにはデフォルトで添えられる。
最初から乗せられているのと違い、小生の好きな「すきやき風」でも食べられるためこれは嬉しい。
image
汁なし、とはいえ当然ながら多少のスープは入っている。レンゲですくって飲んでみると、デフォのラーメンのスープを濃縮したような味わい。
ただ、尖ったショッパさは皆無でどちらかというとまろやかだ。むしろこのスープでラーメンを食べてみたいと思った。
2016-12-23-17-00-13
二郎標準の太さのモチモチ麺。そこはかとなく存在をアピールするブラックペッパーをいい感じで纏っている。
前述のスープとの絡みも良く、箸が止まらない。
2016-12-23-17-08-52
ミニラーメンの量だったこともあり、ロット最速で完食。
レギュラー、限定含めて二郎の汁なしはいくつか食べて来たが、これほど(いい意味で)デフォルトのラーメンのテイストを踏襲したものは初めてのような気がする。
あえて奇を衒わなくともちょっとアレンジするだけで十分に美味しいのだ。

ところで小生、久々に訪れた前回も塩つけ麺だったので、長いことこちらのお店のデフォルトのラーメンを食べていないことに気が付いた。
来年は「小金井のラーメン」を課題として忘れないようにしなくてはなるまい。
ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です