自家製中華そば としおか

冬至の候とは思えないほど暖かかったこの日。
「こんな日は行列日和だ!」
と、喜び勇んで早稲田へと向かう小生。目的はもちろん、あのお店のラーメンの食べ納めである。
2016-12-23-08-59-29
「ちょっと早いかな?」と、以前であればポールポジションが狙える時間帯に到着したのだがすでに行列が形成されているではないか。
なんとか最初の8人に滑り込むことはできたが、これは来年以降、口開け狙いの訪問計画を検討し直す必要があるかもしれない。
2016-12-23-10-42-58
定刻より20分ほど早く開店。まずはいつもの世界一(略 で乾杯。メンマさんもチャーシューさん、今年もお世話になりました。
2016-12-23-11-07-43
2ロット目に提供されたオーダーは「塩ラーメン(小)」。いつもと変わらず1杯1杯に対してチェックを欠かさない、文字通り店主殿渾身の1杯。
毎度のご厚意に感謝しつつ、いただきます。
2016-12-23-11-08-34
ツルツルとした食感でいくらでも食べられそうなこの麺。いつもより太目に感じたが、その香りや弾力、歯ごたえはいつも通りで安定の美味しさだ。
気温や湿度によって出来上がりが異なるため粉ものの扱いは難しいのだが、こちらのお店はいつもほとんど同じ品質で提供されるのだから恐れ入る。
店主殿の確かな手腕の証左であろう。
2016-12-23-11-09-58
極上の麺を受け止める、黄金色に輝くスープ。動物系、魚介系ともにダシが良く出ておりそれをまとめる塩だれ。
一見クドく見えるが、一口すすると驚くほどスッキリしており難なく完飲してしまう逸品である。
2016-12-23-11-15-49
この日は「諸事情」により、残念ながらスープを半分ほど残して席を立つ。
ビール、おつまみ、そしていつも完璧な1杯。
個人的に至高のルーティン、来年も楽しませていだだきます。
ごちそうさまでした!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です