宇ち多゛

健康診断のため1週間ほど酒と麺活を控えていた小生。その甲斐あってか、血圧も体重も前年を下回りまずは一安心といったところか。
(ただし、昨年再検査となった原因である中性脂肪やらγ-GTPの値が手元に届くのはまだ先なので油断は禁物である。)
2016-12-03-09-55-07
禁酒明け最初の1杯はもちろんこちらのお店で。地元での用事を済ました後の訪問であったため、いつもの週末よりちょっと遅く到着してみると、裏も表も結構な行列である。
一瞬2巡目を覚悟したものの、幸いにしてなんとか口開けに滑り込むことができ、ひとまずホッとする。
2016-12-03-10-15-50
まずはマスターからいつもの梅割りを。久々のお酒、五臓六腑に染みわたるとはこのことか。大袈裟ではなく、アルコールが血液に乗って体を駆け巡っていくのがわかる。
2016-12-03-10-19-12
スターターはホネ。この日は特に柔らかく、ホロホロと崩れるような煮込み具合。味の染み方もバッチリでいつにも増して美味しかった。
2016-12-03-10-34-12
レバ塩。「若焼き」の廃止以降あまり頼まなくなった焼きのレバだが、久しぶりに食べたくなったのでオーダー。以前よりも意図的に良く焼いているようで、
デフォルトでお願いしたのだが、結構な焦げ目が目立つ。
この焦げ目、多めの振塩と合わさることでレバのホクホク感と甘味が強調されてなかなか良いアクセントとなっている。
2016-12-03-10-40-19
「ダイコンかけないで」。いつも通り卓上の七味をかけていただく。この日のダイコンはいつもと比較して良く漬かっていた印象。
旬を迎えた大根自体のお味も文句なく、箸休めというよりはメインのおかずとして楽しむことができた。
2016-12-03-10-41-28
〆は「カシラタレ」。いつも塩でいただくカシラだが久しぶりにタレでお願いした。
甘目のタレは焼かれることによって香ばしさを増し、より一層ネタを美味しくしてくれるが、カシラにしても同様。
思うに、こちらのお店の梅割りとはタレの方がより合っているのではないかとしみじみ思う訳である。

そんなこんなで3杯半と4皿でお勘定。
久々のお酒でちょっと酔いが早いみたいなのでちょっと覚ましてから次へ向かうことにしよう。

ごちそうさまでした。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です