かとりや 溝口店

【テスト投稿】
11月11日。1が4つ並ぶこの日はそのシルエットにちなんで、「立ち飲みの日」として、飲兵衛の間で定着しつつあるようだ。

私は決して飲兵衛ではないのだが、せっかくこの日を制定してくださった先人達に申し訳が立たないような気がして、その気分だけでも味わおうと、帰り道にふらりと途中下車してみた。

向かったのは 「溝の口西口商店街」。いかにもディープな雰囲気を醸し出し、スーツ姿のオヤジ達がたむろする異空間。つまりは飲兵衛のパラダイスである。その中ほどに目当ての店は凛として佇む。

image

かとりや溝口店。外の立ち飲みコーナーは大盛況で、通りにまで溢れんばかりの人でごった返していたので、立ち飲みはあえなく断念。だが、座って飲める「中」は何席か空いていたのでそそくさと空席に滑り込む。

image

いつもはサッポロの赤星を頼むのだが、今日はなんとなく気分を変えたくてハイッピーをオーダー。これを出している飲食店は思いのほか少ないのよね。

image

お通し。普通のキャベツの浅漬けなのだが、これをサービスで出してくれるのは嬉しい限り。同じような内容で324円を請求する某チェーン店は是非とも見習って欲しい。

image

頼んだのはレバとカシラに椎茸。外の立ち飲みでは1本からオーダーできるのだが、中は5本縛り。焼けた順から皿にのせてくれるので、アツアツの状態で食べられる。

image

ちょっと遅れてカシラ到着。貧弱な小生の語彙では上手く言い表せないのがもどかしいが、これ、かなり美味しいです。はい。

image

そして、つくね。ミンチとコショウとタマネギ。それぞれがクセを主張しながら、実に味わい深く、見事な一品となっている。このお店に来たら必ず頼むメニュー。

中を3つおかわりし、店のテレビから7時のニュースが始まったのを見計らって退店。
滞在時間は30分にも満たないが、通勤の合間に幸せを感じさせてくれる貴重なオアシス。無意味な残業よりもはるかに有意義な時間を過ごすことができた。
立ち飲みの日。立って飲んでないけど、堪能させていただきました。(о´∀`о)


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です