ラーメン二郎 西台駅前店(仮店舗)

立石で一杯(ではないが)飲った後、都営三田線で西台へ。耐震工事の影響で一時立ち退きを余儀なくされた旧店舗だったが、先日仮店舗がオープンしたとのことなので久しぶりに行ってみることにした。
2016-11-07-18-28-20
詳細な場所について調べずに来てしまったため少々迷ったが、難なく黄色い看板を発見しそちらへ向かうとなんと30人は軽く超えるであろう想定外の大行列!
旧店舗時代には多くて10人程度だったこともありそんなに並ぶこともないだろうなどと考えていた小生だったが、これには一瞬心が折れかけてしまった。
しかし代替店を探すも、月曜なので池袋、新代田、野猿はお休み。赤羽は夜営業休止中であり、マルジも定休日だ。
なによりここ西台は電車でのアクセスが悪い場所なのでなかなか容易にたどりつけるお店が思い浮かばない。
数分の逡巡の後、仕方なく接続することにした。
2016-11-07-18-34-06
待つこと75分でようやく店の前まで。旧店舗でも使用していた看板にお出迎えされる。ただ、○博の文字が隠れているのがちょっと残念ではあるが。
2016-11-07-18-39-15
購入したのは「少なめ」「白ネギ」「生卵」。個人的に西台での鉄板の組み合わせである。
2016-11-07-18-42-50
店内待ちを経て着席すると、即座にサイドメニューが手渡される。ネギを頼むとレンゲが付いてくるのが嬉しい。
テンポ良く作業をこなしつつ、入店してきた客への指示も欠かさない。いつも通りの店主の仕事っぷりはいつ見ても楽しいものだ。
そんな中、不意に手をかざされる。ついつい店主に見とれていて、自身のコールの順番を忘れるところであった。裏返った声で「ニンニク少し」をコール。
2016-11-07-18-46-41
提供された丼でまず目に付くのが鎮座するブタ様。そういえばどこぞのブランド豚を使用しているという掲示が客席の頭上にあったような気が・・・
一口食べてみると、脂部はプリプリ、赤味はしっとりという理想の仕上がりで非常に美味しい。味の染みも文句なし。
気が付くと、麺やスープよりも先に2枚のブタを平らげてしまった。次回は豚入り必須だな。
2016-11-07-18-47-07
スープは微乳化だが思いのほかスッキリとしたもの。思うに先述のブタが良いダシを出しているのだろう。エフゼットやグルが霞んでしまうほど強烈な旨味が襲って来る。
3合近くの焼酎を収めた後の胃袋にはこれは危険、危うく完飲しそうになってしまった。
2016-11-07-18-47-26
何より感嘆したのはこの麺である。中太で柔らか目に上げられた麺はデロ気味なのだがモッチリしており、かつ適度にスープを吸ってこれ以上ない旨さ。
今年食べた二郎系のラーメンの中ではまちがいなく小生の好みナンバーワンの出来であった。
トッピングの卵や白ネギを絡めて食べると最高で、箸は全く止まらず。文字通り、アッという間に完食してしまった。
2016-11-07-18-57-44
活動範囲から遠いことや変則的な営業時間、さらには大行列と敬遠しがちな要素の揃った当店だったが、考えを改めたのは言うまでもない。
(考えてみると職場からは(距離はともかく)電車1本で来れるのだから、それほど面倒ではないのだ。)
再訪を誓い、大満足で西台を後にした小生であった。

ごちそうさまでした!!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です