自家製中華そば としおか

【テスト投稿】

前回来た時には週末だったとこもあり、40人を超える行列を目の前に敵前逃亡を図った小生。その反省を踏まえ、万難を排して平日の昼過ぎ、閉店時間近くに弁天町の交差点へと向かう。

前を歩いていた4人が連続して行列に接続するという不運があったものの、到着時の行列はそれを合わせても9人。想定の範囲内で一安心である。

まずはビール。冷凍庫で冷やしたグラスは季節に関係なく嬉しいサービスである。しかもこの銘柄(スーパードライ)はなおのこと、冷たいグラスで飲むのがおいしいのだ。

そして、このおつまみ。ビール本体もさることながら、コイツ目当てでビールを注文している人も多いことだろう。無論、小生もご多分に漏れずその1人である。

中瓶を飲み干すとちょうど提供される、スープたっぷりのアツアツラーメン。この日オーダーしたのは前回同様塩ラーメン小。

大振りなチャーシューと針生姜が実に美しい。さらには、店主殿のご厚意。

感謝しつつ、いただきます。

安定のツルツル中太麺は、スルスルという形容詞でしか言い表せないほどにスムーズに胃袋におさまっていく。つけめんで食べると、これに小麦の味わいがダイレクトに加わり、「麺を楽しむ」ことができるのだが、ラーメンのスープと一体となって食べる方が、素材それぞれの良さが調和してより美味しく感じられる。

(もちろん、つけ麺も小生は大好きだ。)

この日はいつもより魚介が弱めで、動物系の脂分が多めだった印象。健康診断が近いこともあり、スープを残そう・・・と思ったのだが、半分近く飲んでしまった。小を頼んだにも関わらず、腹パンになりつつ退店。

いやーやっぱりおいしいわ。

ごちそうさまでした。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です