青島食堂 秋葉原店

立石での朝酒のあとはヤボ用で浅草橋へ向かう。
用事を済ました後、総武線のガード沿いにポケモンを狩りながら歩いていると目の前に15人ほどの行列が見えた。

2016-09-24-12-13-21

長岡の本店まで行ったこともあるくらい大好きなこちらのお店、そういえばとんとご無沙汰だったことを思い出し、最後尾に接続。

確か3月に閉店騒動があったと思ったが、何のことはなく再開しているようだ。

2016-09-24-12-34-11

待つこと30分ほどで店内へ。購入した食券は「青島チャーシュー」「薬味刻みねぎ」「生ビール中」。
購入後すぐに食券を見せる。見込でじゃんじゃん作られるため回転は速い。

2016-09-24-12-46-35

さらに待つこと5分ほどで着席。同時に提供されるビールとおつまみ。良く冷えたジョッキに注がれた生の黒ラベルはうまいの一言。

2016-09-24-12-47-12

一口目を飲み干す前、間髪入れずに提供されたラーメン。あまりのスピードに麺食ら、もとい面食らってしまったが、落ち着いていただくことにしよう。

2016-09-24-12-48-07

麺はツルシコの中太麺。普段食べているアレ系とは違って加水率高めのためスルスルと食べられる。175g(だったかな?)という麺量も飲んだあとの胃袋にはちょうど良い。

2016-09-24-12-47-25

スープは生姜の効いたスッキリ醤油味。前回食べた時よりもコクが少ないような気がしたが、はてさて。
なお、すでに酔っている状態でさらにビールを飲みながら食べていた小生の駄舌での判断である。ご容赦願いたい。

2016-09-24-12-56-32

とはいえ、大勢に影響はないわけで、当然のことながら完飲完食。
飲み干した丼を置いて「プハー」と一息ついた後、「ごちそうさん!」と言って席を立つ。
漫画やドラマにありそうなシチュエーションをそのまま演じてながら退店。
その後秋葉原駅まで歩く道中、余韻をかみしめながら「閉店しなくてよかった」と改めて思った小生であった。

ごちそうさまでした。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です