ラーメン二郎 八王子野猿街道店2

飲み会の予定が急遽中止となった週末金曜。家には遅く帰ると伝えてあるため、当然麺活となる。

万全を期すため昼食を抜き、午後からの仕事もそっちのけで標的を絞る。
気になっていたのは亀戸のつけ麺と、野猿のカリードクロ。どっちにしようか迷いに迷っていたが、ツイッターで先輩ブロガーの方から亀戸が午後臨休と教えていただいた。(ちょもさん、ありがとうござましたm(__)m)
となれば行き先は1択。終業のチャイムと同時にオフィスを飛び出し、一目散に野猿街道へと向かう。
到着時には20人を越えようかという「本線」の行列に加えて、食券を買うための「別線」の行列まで形成されているのは初めて見た。やはりというか当然というか、それによるトラブルも発生していた。この辺りはお店側でなんとか改善に向けての策を講じていただきたいものだ。
待つこと30分ほどで店最後尾へ。食券を助手氏に渡し、さらに待つこと10分ほどで着席できた。
まずは普通にうまいスーパードライでブレイク。某店と違い飲んでいる人をあまり見かけないためちょっと恥ずかしいが、気にしない気にしない。。。
そして到着した待望のカリードクロ麺少なめ。トッピングはヤサイ少なめニンニク少し。
最近のドクロシリーズ同様にスープは多め。ほんの少しだがトロミが感じられ、麺との絡みが良さそうだ。
何より、漂うカレーの良い香りが鼻腔を刺激し、これでもか!と言わんばかりに食欲を刺激する。
この日の麺は大当たり。いつもより柔らかめに上げられおり、ゴワゴワした感じは全くなくプリプリの食感を存分に堪能できた。前述の通りスープとの相性もバツグンで、文字どおり箸が止まらなくなってしまった。
2/3ほど平らげたところで、推奨されていたチーズを持参していたことを思い出し慌てて投入。麺に絡ませて食べてみたが、スープが意外とクリーミーなため、個人的には不要な印象。それよりも、(写真は失念したが)トッピングのタマネギの方が味変には良いかも知れない。
正直、カレー系のメニューはそれほど好きではなかったのだが、これは別格。
「カレー風味」ではなくしっかりと作りこまれた「カレー味」のラーメンを野猿で作るとここまで美味しいのかとある意味驚嘆であった。次回また提供される機会があれば必ず食べに来ることにしよう。
ごちそうさまでした!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です