ラーメン二郎 会津若松駅前店

気が付けばもう9月である。世間でいうところの夏休み期間も飲んだくれていたため、このままだとただでさえ危うい家庭内の立ち位置がいよいよ消失してしまうかもしれないので、思い立ったかのように家族サービスを提案してみた。

 

向かった先は会津若松。もちろん、目的は二郎とお酒 溢れる史跡と良質な温泉、そして旨いものを堪能することである。
とはいえここまで来て指をくわえてスルーするのもそうそうできるものではない。
会津若松の駅に到着し、ちょうどお昼時であったこともあり、同行者に恐る恐るかつダメ元で昼食に二郎を提案してみたところ「たまには食べてみたい」ということでアッサリOKが出た!
こちらのお店は駅に近く、座敷があることで子連れでも問題なく訪問できることも幸いしたようだ。
狂喜乱舞しながらオーダーしたのは「つけ麺エビ味」。昨年の初訪問の直後に提供が始まったのだが、つけ麺好き、エビ好きの小生としては何としても食べたかった一品だ。
今こうして念願のメニューを愛する家族をだましてと共に楽しむことができて感無量である。
つけ汁から漂うエビの風味が心地よい。これまで食べた蓮爾のえびつけや野猿の限定とは違い、エビのミソも含んだような濃厚なタイプで若干ながら磯の香りも感じられるもの。製法は不明だが、かなり手がかかっているのではなかろうか。
麺丼には野菜と豚。普段、ブタにはそれほどこだわりのない小生だが、これは見ただけで美味しいと分かるブタであるために期待が高まる。
事実、サシの入り具合や柔らかさ、味の漬かり方など文句なし。同行者のものを奪って食べることで、新たなる家庭内の紛争を勃発させるには十分な美味しさであった。
この麺もまた素敵☆であったことを思い出す。通常のラーメンよりも長めに茹でられて提供される、やや白みがかった二郎標準の太さ。コシがきちんと残っており、かつ表面は小生の好みのややデロ麺である。 
当然のことながらアッサリ完食。ラーメンのお味もさることながら、すぐさま座敷席に案内してくれたこと、また子供に手を振ってあやしてくれたこと、さらには二郎一キレイだと思われるトイレなど、ソフト・ハードの両面で大満足であった今回の会津店訪問。
同行者一同もそろって満足してくれたようで何よりである。また折をみてお邪魔させていただきます。

ごちそうさまでした!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です