蓮爾 登戸店

早出のためいつもより少し早く仕事を切り上げたこの日。出先から戻る途中に店先を覗くと外待ちが5名ほど。門限までギリギリの時間のため少し迷ったが、空腹に逆らえずに接続してしまった。

この日のオーダーはミニラーメン。最近は暑かったこともあり、つけ麺が連続していたので久しぶりのノーマルのラーメンである。
麺はいつもどおりの極太ゴワゴワ。つけ麺だとこれをワシワシと食べるのだが、ラーメンだとスープとの共鳴を楽しみながら食べるのが吉。徐々に柔らかくなる食感もまた良し。
スープは安定のド乳化。キリッとしたカネシのしょっぱさと、アブラの甘さで食べさせる至高のスープ。極太麺を受けて立つ唯一無二の存在。久々に味わうと、やはり美味いなーとため息が出てしまう。
とはいえ、完飲してしまうと健康的にヤバいことは確実なので、スープの大半を残して退店。
接客態度や客層など決して好ましいものではないのだが、それでもなんだかんだと来てしまうこちらのお店。この日の感想もやはり「オイシカッタ」。
ごちそうさまでした!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です